【NHK『チコちゃんに叱られる』出演! 奥田昌子さんが食の歴史から「食べ過ぎると寿命が縮むよ」と教えてくれた】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

NHK『チコちゃんに叱られる』出演! 奥田昌子さんが食の歴史から「食べ過ぎると寿命が縮むよ」と教えてくれた

歴史に埋もれた健康と食の教訓を見直すこと

NHK『チコちゃんに叱られる!』に出演し、注目の奥田昌子先生の新著『日本人の病気と食の歴史』の中より、“日本の食の歴史”から学べて、現代でも通用する知識を少しだけ。

■「食べ過ぎると寿命が縮むよ」

 解剖が日本でも行われるようになると、庶民にも科学的な知識が徐々に広がりました。その助けとなったのが浮世絵です。

 現代では芸術作品ととらえられている浮世絵ですが、江戸の人たちにとっては情報を伝えるパンフレットのようなものでした。ときには教科書であり、「市政だより」であり、芝居の興業チラシであり、大事件を伝える新聞であったので、人々は絵をながめるだけでなく周囲に書かれた文字をしっかり読みました。

 先に見た「麻疹能毒養生弁」は、はしかの流行に対する心構えを説いたものですし、昔話を題材とする子ども向けの浮世絵なども多数作られたようです。

 ペリー来航間近の1850年に出た浮世絵に、の『飲食養生鑑』(いんしょくようじょうかがみ)があります。座敷で酒を飲んでいる男性の体が透明になっていて、臓器が描かれています。体内には小びとが大勢おり、食べたものを一生懸命消化しながら、臓器の役割をわかりやすく説明しています。

 胃にいる小びとたちは、「食事も飲酒も、今の6割くらいに抑えるべきだ。そうでないと寿命が縮むよ」と食べ過ぎをいさめています。肺の小びとは、うちわであおいで息を出し入れしながら、「うちわの骨も、こちらの骨も折れそうだ。ちょっとは休もうぜ」と、ぼやいています。

 心臓には奉行のような小びとがいて、「心臓はもっとも大切な臓器ゆえ、よく吟味して、とどこおりなく機能させねばならぬが、乱暴が多くて困るな」と言うと、部下が「さようでございます」と答えます。健康などお構いなしに心臓に負担をかけることを嘆いているのです。アイデアも構図も面白く、漫画のはしりのようです。

 このような科学読みものというべき浮世絵は、体の構造、働き、命について人々の理解を深める役割を果たしました。

KEYWORDS:

『日本人の病気と食の歴史』

著者/奥田 昌子

 

本書を読むだけで健康になる! 長生きできる習慣と秘訣が身につく!

「日本人の体質」を科学的に説き、「正しい健康法」を提唱している奥田昌子医師。メディア出演で人気に!今もっとも注目される内科医にして著述家である。

 日本人誕生から今日までの「食と生活と病気」の歴史を振り返り、日本人の体質に合った正しい「食と健康の奥義」を解き明かす。壮大な「食と健康」の歴史を学べる教養大河ロマンでもある。

◆なぜ日本人は長寿になったのか」

◆日本人はどんな病気になり、何を食べてきたか

◆けっして忘れてはならない「養生の知恵」とは

日本人の体質、病気、食べ物、食事法、習慣、気候、風土……

日本人を長寿にした「和食道」1万年の旅

「医学が進歩するにつれて明らかになったのは、病気を遠ざけ、長寿を楽しむには、薬を飲んだり、手術を受けたりするだけではとうてい足りないということでした。

 食生活や心のありようを含む生活習慣を正さない限り、病気の根は残ります。

 なぜでしょうか。

 それは、体質や病気のかかりやすさは、生活習慣によってかなりの部分が決まるからです。食生活次第で体は良いほうにも悪いほうにも変わります。食べものをうまく選び、生活習慣を整えるのが大切なのはそのためです。健康に良いイメージのある和食も、はじめから健康に良かったわけではないのです。

 日本人は自分たちの体で効果を確かめながら、長い歳月をかけて和食をより良いものにしてきました。体と食のかかわり合いの歴史を調べることで、私たちは多くのことを学べるはずです。

 私は医師として、日本人の体質を踏まえた予防医療を考えてきました。その立場から、日本人の病気と食の歴史をたどり、忘れてはならない教訓や、今の時代に生かすべきヒントを引き出したのが本書です。————「はじめに」より抜粋

《目次》

第1章医術もまじないも「科学」だった~縄文時代から平安時代まで

第2章食べて健康になる思想の広がり~鎌倉時代から安土桃山時代まで1

第3章天下取りの鍵は健康長寿~鎌倉時代から安土桃山時代まで2

第4章太平の世に食養生が花開く~江戸時代

第5章和食を科学する時代が始まった~明治時代、大正時代

第6章和食の〝改善〟が新しい病気をもたらした~昭和時代から現代まで

オススメ記事

奥田 昌子

内科医、著述家

京都大学大学院医学研究科修了。内科医。京都大学博士(医学)。愛知県出身。博士課程にて基礎研究に従事。生命とは何か、健康とは何かを考えるなかで予防医学の理念にひかれ、健診ならびに人間ドック実施機関で20万人以上の診察にあたる。人間ドック認定医。著書に『欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」』(講談社)、『内臓脂肪を最速で落とす』(幻冬舎)、『実はこんなに間違っていた! 日本人の健康法』(大和書房)などがある。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

日本人の病気と食の歴史 (ベスト新書)
日本人の病気と食の歴史 (ベスト新書)
  • 奥田 昌子
  • 2019.10.17