【おにぎり型から発光タイプまで。「国道」のレア標識】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

おにぎり型から発光タイプまで。「国道」のレア標識

【毎月20日更新】世にも奇妙な道路標識 第10回:国道標識にもレアがある

ドライバーを除いては、ほとんどの人が意識をすることがないであろう「道路標識」。だが日本全国には、知られざる奇妙珍妙な道路標識があった! マニアでなくともニヤニヤせずにはいられない、奥深い世界をご堪能あれ。

標識コンプの壁

 筆者は全種類の道路標識を撮影しようという無駄な意気込みに燃えて、ぼちぼちとコレクションを進めている最中である。だが「全種類」となった場合、問題となるのが国道の標識である。国道は現在507号まであるが、どれか一枚をその代表としてゲットしてよしとするか、それとも全路線の標識を撮影すべきか。筆者はもともと国道マニアと称してあちこち撮影してきた身なので、ほとんどの路線の写真をゲット済みではあるが、コンプリートとなるとまた厳しい。まあ個人の趣味であるから、基準をどうするかは勝手に決めればいいわけではあるが、これは悩みどころである。

 それでもやるのがマニアだ、との声もあろうが、これを入れてしまうと都道府県道の標識もフルコンプするのか、という話になる。何しろ都道府県道は全国に1万本以上存在するから、この完全コレクションはさすがに人間業ではない。というわけで、まあ国道だけでもコンプリートを目指すか、と思っている次第である。

写真を拡大 県道の標識

 では国道標識は何種類あるのか。現在、国道は507号まで指定を受けているが、実は欠番があり、59~100号、109~111号、214~216号が存在しない。このへんは歴史的経緯によるものなので、興味のある方は拙著『ふしぎな国道』(講談社現代新書)をご覧いただきたい。

写真を拡大 現在最大番号の国道507号

 

 
次のページ?レアな国道標識

KEYWORDS:

オススメ記事

佐藤 健太郎

さとう けんたろう

1970年兵庫県生まれ。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。大手医薬品メーカーの研究職を経て、サイエンスライターとして独立。文系の読者にもわかりやすい解説で定評があり、東京大学大学院理学系研究科の広報担当特任助教として東大の研究実績を対外発信する業務も担当した。『医薬品クライシス』(新潮新書)で2010年科学ジャーナリスト賞、2011年化学コミュニケーション賞を受賞。著書はほかに、『「ゼロリスク社会」の罠』『化学で「透明人間」になれますか?』(ともに光文社新書)、『炭素文明論』(新潮新書)、『ふしぎな国道』『世界史を変えた薬』(ともに講談社現代新書)などがある。


この著者の記事一覧