【まゆゆの引退が百恵、あややたち先輩アイドルよりも「尊い」理由】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

まゆゆの引退が百恵、あややたち先輩アイドルよりも「尊い」理由

古風で王道的スタイルを貫いたまゆゆ

■邪道が正当化される風潮へのアンチテーゼ

写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ

 まゆゆこと渡辺麻友が引退した。AKB48時代には「神7」のひとりとして安定した人気を保ち、14年の選抜総選挙で1位を達成。その翌年には、あの流行ギャグにも貢献した。とにかく明るい安村の「安心してください。穿いてますよ」だ。

 これは安村が彼女のファースト写真集『まゆゆ』から着想したもの。体育座り(三角座り)をする彼女がハダカに「見える」表紙を見てヒントを得たという。思えば、あの表紙がエロくなりすぎず、アイドルのものとしてきちんと成立したところも「清純派」たるゆえんだ

 引退後には、その素顔をめぐってさまざまな情報が紹介されているが、清純派のイメージを覆すようなものはない。「AKB入らなければ東大 優秀な生徒だった」とか「メンバーとの交流は皆無 悩み相談できなかったか」といった記事は出ても、健康上の理由とされる引退について、恋愛などと結びつける記事は見受けられない状況だ。デビューから13年、素行もよかったようで、ノースキャンダルのまま、清純派を貫いた印象である。

 が、ここでちょっと考えてみよう。アイドルが清純なのは当たり前のことではないのか。ほとんどの女性アイドルは「少女性」や「処女性」をアピールすることで勝負する。それゆえ、恋愛禁止などというルールも存在したりするわけで、仮に男性経験があっても、それを隠して清純なイメージを貫くのが本来の姿というものだ。

 しかし、この「当たり前」がじつは難しい。たとえば、まゆゆがAKB卒業を発表した17年の選抜総選挙でのこと。NMB48(当時)の須藤凜々花が結婚宣言をして、衝撃をもたらした。テレビ中継では、まゆゆの顔が大写しになり、その表情が不機嫌そうにも見えたことから、須藤の掟破りに対し、キレたのではとする見方も囁かれたものだ。

 実際、まゆゆが須藤にキレていたかどうかはわからない。ただ、その頃、彼女はインタビューでこんな発言をしていた。
「アイドルとしてのまゆゆは、真面目にやってきましたね。真面目すぎるくらい真面目で、ちょっと大変な時もありましたが……。そっち側が正当化されるとちょっと……。まあ、正解なんてないんですけど、考えても答えが出ないですね」(『エンタメNEXT』)

 そっち側、というのはスキャンダルで売れるようなアイドルを指す。そんな邪道のほうが正当化される風潮に、彼女は違和感を覚えていたわけだ。こうした古風で王道的な姿勢をリスペクトする後輩も多いようだが、もちろん全員ではない。

 つい先日も、元欅坂46の長沢菜々香がSNSで結婚宣言をした。卒業から2ヶ月余りで半同棲が発覚し、本人が婚約と8月の入籍予定を報告するという慌しい展開だ。ちなみに、彼女はマンガ好きのアイドルとして、雑誌『りぼん』にちょくちょく登場していた。結婚自体はおめでたいこととはいえ、小中学生の女子に、アイドルってこういうものなんだと思われそうで、残念でもある。

次のページ二十代の半ばを過ぎると可愛い仕事だけではやっていけない

KEYWORDS:

オススメ記事

宝泉 薫

ほうせん かおる

1964年生まれ。主にテレビ・音楽、ダイエット・メンタルヘルスについて執筆。1995年に『ドキュメント摂食障害―明日の私を見つめて』(時事通信社・加藤秀樹名義)を出版する。2016年には『痩せ姫 生きづらさの果てに』(KKベストセラーズ)が話題に。近刊に『あのアイドルがなぜヌードに』(文春ムック)『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)、最新刊に『平成の死 追悼は生きる糧』(KKベストセラーズ)がある。ツイッターは、@fuji507で更新中。 


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

平成の死: 追悼は生きる糧
平成の死: 追悼は生きる糧
  • 薫, 宝泉
  • 2019.04.28
痩せ姫 生きづらさの果てに
痩せ姫 生きづらさの果てに
  • エフ=宝泉薫
  • 2016.08.26