39歳子供部屋おじさん、異世界転生できませんでした(後編)【たらい回し人生相談】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

39歳子供部屋おじさん、異世界転生できませんでした(後編)【たらい回し人生相談】

【たらい回し人生相談】〜ヤバいやつがもっとヤバいやつに訊く〜 連載第4回


「ヤバいやつがもっとヤバいやつに訊く」・・・本邦初のカルト人生相談シリーズ。今回は、「39歳子供部屋おじさん」無職の独身男性 A氏。彼はいったいなぜ「たらい回し人生相談」にやってきたのか? いや連れてこられたのか? 相談部屋の主人は「大司教」と呼ばれる謎の危険人物。ある筋では名の知れた博覧強記の異常天才である。A氏との緊迫感漂う人生相談の一部始終を公開。前編につづき後編である。


農作業スタイルの大司教

■冒頭:

 39歳子供部屋おじさんであるA氏、は査問会と称して呼び出され激詰めされる。

 前編では彼が異世界転生こと海外での就職チャレンジに失敗しバックレた経緯を、彼の査問会を追うという形式にて紹介した。大まかな経緯は前編で明らかになったとはいえ、まだ具体的な金銭事情は明らかになっていない。え? 人生相談じゃなかったのかって? 大丈夫です。

 彼の抱える問題の本質とは何だろうか?

 これから彼はどうするのか?

 

■生活力が真の問題なのでは?:

大司教:そんなわけで、査問会メンバーからすると、お金をあげて日本から送り出したら翌月シュッと戻ってきたって認識なんですけど。まあ過ぎたことはいいとして、Aさん、異世界の食べ物がまずいまずいってしきりに文句を言ってたんですけど、オイル王国は食べ物はけっこういいはずなんですよね。それで確認してみたら、ただ素で茹でたパスタを食ってたとかみたいなんだけど。

K氏:何か足んねぇよなぁ?

大司教:ソースもなしでね?

A氏:まあそうですね。

 

 味付けもなしに茹でたパスタを食っていたというA氏、そりゃイヤになるのも無理はない。初めて親元を離れた学生の苦労を39歳で再履修する子供部屋おじさん。

 

大司教:それで今回の問題の核心は、けっきょくAさんの生活力の問題なんじゃないのって。外国で働くとか以前に一人暮らしができないんじゃないのって。だから、本来だったらまず家事とかを我々が教えるべきだったよね。部屋住みじゃないけど。今後の課題ですね。

Y氏:本人的には生活力についてはどうだったの?

A氏:食事については下手だったかなと。お金もなかったし。

大司教:ほかにもいろいろ生活上の不満が多かったみたいですが。

 

◆A氏が異世界に感じていた不満
 ・坂道が多い
 ・コンビニがない
 ・喫煙者が多い
 ・運転マナーが悪い
 ・ちゃんと並ばない
 ・なんか感じが悪い
 ・物乞いが多い
 ・水回りがしょぼい
 ・エアコンがない
 ・飯がまずい
情緒あふれるモニュメントはさすが異世界

 

大司教:とはいえ日本の昭和ぐらいの感覚というか、贅沢を言わなきゃってところのはずですがね。お金がなかったっていうけど。いったいいくらもって行ったの?

 

 ——とうとう話題は具体的な金銭に移る。

 実は、これが今回の査問会の主題のひとつであった。というのも、A氏は今回の異世界転生のための資金を浪費してしまったのではないか、という疑惑がかけられていたのだ。かねてから彼は風俗遊びも公言していたので、とくにその方面での浪費の疑惑がかけられていた。

 一同の疑惑の表情。果たして真実は……。

  

■お金なさすぎおじさん:

大司教:いくら持ってオイル王国に行ったの?

A氏:ええと。

K氏:あくしろよ。

A氏:うーん。

K氏:それ普通忘れないよね。なんだよお前の予算ガバガバじゃねえかよ。

大司教:浪費したんじゃないの? 女を買う(注8)とかそういう話を聞いてるんだけど。

A氏:いや。浪費はしてないです。

筆者:本当に買春してないんですか?(大事なことなので再質問)

A氏:してないです。

大司教:具体的にいくらあったのか言ってください。わかる範囲で。

A氏:5,6万かな。

大司教:それって、Aさんの全財産がってこと? それとも異世界用の予算ってこと?

A氏:全財産です。

大司教:お金大丈夫かって聞いたとき、大丈夫って言ったよね?

A氏:まあ計画性がなかったかもしれませんね。

大司教:えーと。つまり、もう一時帰国の時点で文無しだったわけね。

A氏:そうですね。

大司教:なんで言わなかったの?

A氏:気をつかってました。

M氏:気づかいというか、仕事をためて破綻するのに近いですね。

A氏:まあ……。

 

 一同、沈黙。

 A氏はお金について問われると、コジコジのように首をかしげて動きを止めてしまう。言いづらいことがあるというよりは、具体的な金銭管理がとても苦手なようだった。金額もすべて曖昧で、どんぶり勘定だ。

 A氏に対する疑惑の視線は、徐々に「マジかよ……」という表情に変わっていく。実際にA氏が使えたお金は、皆が想像していた額よりゼロがひとつ少ないという感じだった。疑惑が晴れたのはいいことだが、皆、晴れやかな顔とは程遠い。なんとも言えない別の問題がそこには横たわっていることに、なんとなく気がついていた。

 そう「他人の助けをうまく得られない中年男性」という問題である。

 

一同:……。

大司教:とりあえず小休憩にしますか。

 

 A氏が皆の飲み物を買ってくることになった。「おつりはもらっていいから」「でも……」「いいから」そんな会話とともに二千円を手渡される。買ってきた飲み物の中からK氏は当然のようにアイスティーを手に取る。

 休憩のあいだも、A氏は終始浮かない様子であった。これからどうするべきかわからないといった様子だ。半ば身内での出来事になるとはいえ、彼にとっては人生初めての「仕事での失敗」となる。周囲も「しかたねえな」という空気だ。ただし大司教以外。  

 

◆おまけエピソード、Aさんはこんな人(ⅰ):
・オイル王国滞在中のこと、子供が楽器を演奏しながら近づいてきたので、日本語で怒鳴りつけた。A氏いわく「金をもらうつもりならもっと高レベルなものを見せろ」とのこと。
・同上、レストランで座っているときに物乞いに声をかけられると毎回「福祉につながってくださーい」と日本語で返答していた。
・同上、混雑していたトラムで現地女性と揉めたさい、差別語を叫んで中指を立てていた。
・上記のような感じだったのでオイル王国ではほかの滞在日本人から嫌われまくっていた。 

 

注8:異世界の風俗では、現地人のほかロシア人風俗などもあり、ロシア人は三倍とのこと。

次のページ異世界生活の実態とは?

KEYWORDS:

✳︎「たらい回し人生相談部屋」から求人情報✳︎

■勤務地:パキスタン

■業務:発電所建設

■詳細:predictionangle@gmail.com大司教の個人メールアドレス)まで

■備考:現地の政情不安と治安悪化により現在勤務できません。

情勢が安定次第こちらから連絡いたします。

オススメ記事

ミスター発達

みすたー はったつ

この著者の記事一覧