ビジネスマナーにやたらうるさい上司がいますが、マナーの正解って何でしょうか?【角田陽一郎×加藤昌治】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ビジネスマナーにやたらうるさい上司がいますが、マナーの正解って何でしょうか?【角田陽一郎×加藤昌治】

あんちょこ通信 第10回


皆さまこんにちは。「あんちょこ通信」編集長のカイノショウです。

あんちょこ通信では、ビジネスパーソンのお悩みを解決する『仕事人生あんちょこ辞典』著者の角田陽一郎、加藤昌治が、みなさまから届いた「仕事人生のお悩み」にパシパシ答えていきます。

お悩み相談は、定期的にYouTubeでも「お悩み”あんちょこ”ライブ相談会」として配信しています。そちらもぜひご覧ください!

さっそくお悩みを紹介しましょう。


 

 

23歳・男性・IT関係

「社会人一年目です。指導係の先輩がビジネスマナーにうるさい人で困っています。例えば取引先のメールで、『よろしくお願いいたします』と書いたら、『どうぞよろしくお願い申し上げます』に修正したり、『先輩の話を聞くときは片膝をついて聞くこと』と言って強制してきたりします。そんなマナーは聞いたことないのですが。ビジネスマナーを強要する人ってどういう気持ちなのでしょうか?」

 

 社会人経験が少ない頃はもちろん、ある程度経験を積んだら積んだで「今の自分に相応しいビジネスマナー」は気を遣うものですし、それだけに「自分のやり方があるからほっといてくれよ」とも思いがちです。

 社会人とマナーとの距離感は、どうあるべきなんでしょうか?

 

■マナーには「幅」がある

 

角田:今回はビジネスマナーの話ですね。一般に「マナー」って、「それをやっておいたほうが生きやすいから、知っていて損はない」というものですよね。

 それがどこかで閾値を超えて「このマナーを守らないといけません」という話になると、逆に生きづらくなる。僕も強要されるのが嫌でネクタイなんかも全然持ってないから、その気持ちはよくわかります。

 

加藤:質問者の方が具体例で挙げた、「よろしくお願いします」を「どうぞよろしくお願い申し上げます」に変える先輩のこだわりは、別にそうしなくてもいい、過剰なルールになっている気はするな。

 

角田:それは賛成だけど、じつは僕はメールでは「よろしくお願い申し上げます」と丁寧に書くんだよ。

 なぜかと言うと、僕は髪も緑色だしでネクタイもしない、「業界のチャラチャラした人」って印象が見た目あるでしょう? そんな人が「よろしくお願い申し上げます」と書いていると、受け取った側は「あれ、思ってたより丁寧な人だ」と思ってくれるんじゃないかという、一種の逆張りがある。「下手に出ているんです」という気持ちを文面で表現しているんだよね。

 でも、質問者の方の先輩みたいに「こういうマナーなんだ」というよりも、そのほうが僕の居心地がいいからそう書いているだけだな。「ここでは下手に出たほうが生きやすい」という考えが僕の中で成立しているから、丁寧な文体になっているんだよね

 

加藤:そう考えると、質問者の方の先輩が、どんな相手でもどんなシチュエーションでも「どうぞよろしくお願い申し上げます」と書けというのは、マナーとしては視野が狭い気がするね。マナーが画一化して、ルールになってしまっている。

 「マナーは幅」だと加藤は思っているんです。もちろんマナーの大本には「相手に失礼じゃないように」とか「話がスムースに進むように」という意図があるのが原則だよね。

 その上で、相手やシチュエーションによって、適切な丁寧さの度合いはある。

 いついかなる時も「どうぞよろしくお願い申し上げます」と書けというのはマナーのルール化のようだけど、相手によって「どうぞよろしくお願い申し上げます」がベストだったらそう書けばいいし、「よろしくお願いします」でよければそれでもいい。その幅の中でどうするか、という考え方と実践があるといいんじゃないかな。

 

角田:分かる。例えば「××様」と宛名を書くときに、メールだと漢字で書く場合とひらがなで書く場合があるよね。僕は知り合ってはじめのうちは「××様」みたいに書くけれど、その後会食したりして仲良くなった相手には、親しさを込めたい時に「××さま」とひらがなで書くよ。

 

加藤:「幅」ってそういうことだよね。

 だから質問に答えると、ビジネスマナーは無いよりもあったほうがいいから、知っていたほうがいい。ただ、質問者の方が先輩から言われた画一的な「マナー」に関しては、面と向かって逆らわなくてもいいけれど、いつも従うべきものでもないと思います。

 加藤の肌感では、社会人1年目の人のメールは、過剰敬語になっていたり、妙に表現が堅すぎる傾向があるように思えます。実際のビジネスで使う表現は、普段友達とSNSやメッセージアプリでやりとりする時よりも硬めのはずだけれど、その感覚を掴むまでに回数が必要になるんですよね。

 

角田:やり取りを通じて覚えるところだよね。

 

加藤:とは云え仕事相手に勝手に変なメール送るのもよくないから、まずはCCで来た上司や先輩のメールを見たりして、「こういう書き方もあるのか」と取り入れていく部分があってもいいんじゃないかな。

 

■そのマナー、「理由」はなんですか?

 

角田:メールのマナーに敢えてつっこむと、「どうぞよろしくお願い申し上げます」みたいなレトリックなんて本当はどうでもよくて、むしろ「伝えるべき情報が入っていない」という面でマナーがなっていないメールが多くないかな?

 例えば720日にやりとりしているメールで、8月の予定について打ち合わせているとするよね。それまでのやりとりがあったとしても、「26日のミーティング、よろしくお願いします」と月を省略して書くと、7月のことと勘違いしてしまう。だから日付は省略しないほうがいいし、打ち間違いもあるから、僕はいつも曜日まで入れるようにしているんだ。

 

加藤:たまに日付と曜日がずれていることってあるよね。

 

角田:そうなんだよ。日付と曜日がずれていたら、メールを受け取ったほうは「少なくともどちらかが違う」という認識にはなるから、「月曜ではなくて、水曜ですよね」みたいに確認をできるんだ。「●月×日(△)」と曜日まで必ず書く、みたいなことのほうが、「どうぞよろしくお願い申し上げます」と書くかどうかより、仕事を円滑に進めるためのマナーとしてよほど重要だよ。

 じゃあ何が「伝えるべき情報」かというと、まずは「自分がやられたら気になることはケアする」ぐらいの判断でいいと思う。

 僕の場合、べつに相手のメールの末尾が「よろしくお願いします」でも気にならないから、それはそれでいい。ところが、初めての取材申し込みなのにギャランティーが書いてないと「だから、出演料はいくらなんだよ!」とイライラするから、自分が依頼する立場の時にはそこはケアしているよ。

 

加藤:角田くんの「勘違いが少なくなるから、曜日まで入れたほうがいい」みたいに、マナーの効果・効能がちゃんと説明されているなら、それこそ「『どうぞよろしくお願い申し上げます』と書け」みたいな話にも得心がいくだろうけれど、ただ「こう書け」と例文だけを与えられてもうまく使えないだろうね。

 ある商社さんでは、社内文書を書くときに「2行書いて、1行空けて、2行書いて、1行空けて……」という形式で書くマナー、というよりは社内ルールがあると聞いたんだ。理由を聞いたら、「こうすると、すべての行が前か後で必ず空白に接してる。だから直しやすい」と云うんだよ。

 

角田:なるほど。確かに見直しやすいだろうね。

 

加藤:一見不思議なルールだけど、そう云われたら素直に従えるよね。だから、なぜそれがマナーになっているのか理由が分かるだけで、その後間違えなくなると思う。

 だから質問者の方は、「『どうぞよろしく申し上げます』と書け」と添削が入った時に、「それをつけるとどんな効果があるのか」をやんわりと聞いてみるといいんだろうね。その上で、納得できたら採用すればいいんじゃないかな。

 

次のページ「正解」ではなく、「正答」を集めよう

KEYWORDS:

✳︎角田陽一郎×加藤昌治 著 KKベストセラーズの好評既刊✳︎

※下のPOP画像をクリックするとAmazonサイトへジャンプします

オススメ記事

角田 陽一郎/加藤 昌治

かくた よういちろう かとう まさはる

角田 陽一郎(かくた・よういちろう)

バラエティプロデューサー/文化資源学研究者 

千葉県出身。千葉県立千葉髙等学校、東京大学文学部西洋史学科卒業後、1994年にTBSテレビに入社。「さんまのスーパーからくりTV」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「EXILE魂」「オトナの!」など主にバラエティ番組の企画制作をしながら、2009年ネット動画配信会社を設立(取締役 ~2013年)。2016年TBSを退社。映画『げんげ』監督、音楽フェスティバル開催、アプリ制作、舞台演出、「ACC CMフェスティバル」インタラクティブ部門審査員(2014、15年)、SBP高校生交流フェア審査員(2017年~)、その他多種多様なメディアビジネスをプロデュース。現在、東京大学大学院にて文化資源学を研究中。著書に『読書をプロデュース』『最速で身につく世界史』『最速で身につく日本史』『なぜ僕らはこんなにも働くのだろうか』『人生が変わるすごい地理』『運の技術』『出世のススメ』、小説『AP』他多数。週刊プレイボーイにて映画対談連載中、メルマガDIVERSE配信中。好きな音楽は、ムーンライダーズ、岡村靖幸、ガガガSP。好きな作家は、ホルヘ・ルイス・ボルヘス、司馬遼太郎。好きな画家は、サルバドール・ダリ。

                                                             

加藤 昌治(かとう・まさはる)

作家/広告会社勤務

大阪府出身。千葉県立千葉髙等学校卒。1994年大手広告会社入社。情報環境の改善を通じてクライアントのブランド価値を高めることをミッションとし、マーケティングとマネジメントの両面から課題解決を実現する情報戦略・企画の立案、実施を担当。著書に『考具』(CCCメディアハウス、2003年)、『発想法の使い方』(日経文庫、2015年)、『チームで考える「アイデア会議」考具応用編』(CCCメディアハウス、2017年)、『アイデアはどこからやってくるのか 考具基礎編』(CCCメディアハウス、2017年)、ナビゲーターを務めた『アイデア・バイブル』(ダイヤモンド社、2012年)がある。           

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

仕事人生あんちょこ辞典: 50歳の誤算で見えた「ブレイクスルーの裏技45」
仕事人生あんちょこ辞典: 50歳の誤算で見えた「ブレイクスルーの裏技45」
  • 角田 陽一郎
  • 2021.09.02
考具 ―考えるための道具、持っていますか?
考具 ―考えるための道具、持っていますか?
  • 加藤 昌治
  • 2003.04.04