退職後の年金不足が予想される中、工夫次第で老後は十分楽しめると主張する森永卓郎さん。定年後だからこそ自由になる時間を活用し、楽しく生きるためのコツを伝授してもらおう!(『一個人 2020年2月号』より抜粋)

■家賃と食費を抑え、体力は増強しよう

撮影⦿増本雅人

 少子高齢化が容赦なく続く日本では、年金制度維持の改革が否応なく進む。現在の年金制度だと、厚生年金加入者の平均受給額は約15万円。国民年金は約6万5000円程度だ。しかし支え手の不足もあり、将来的な給付水準は相当額ダウンすると予想される。

「最終的には厚生年金で約4割、国民年金で3割程度減るだろうと考えられています。厚生年金なら夫婦で13万円くらいになるし、国民年金は1人4万2000円、夫婦で8万4000円。確かに減額にはなりますが、この金額の中で生活できれば、老後はなんの問題もないんです」

 と、経済アナリストの森永卓郎さんは語る。そんな金額では暮らしていけないのではないかという不安に対して、「10万円もあれば十分」というのが、モリタク式の老後生活術だ。

65歳以上は働くほど損する!? 年金制度改革とは

 今後、現役世代が減り、高齢者が増えれば年金給付額も減る。そこで「マクロ経済スライド」を発動し、毎年少しずつ年金給付額を減らす改革が進んでいる。
「在職老齢年金制度」も当面継続される見込みで、例えば65歳以上で月50万円(月収40万+年金月額10万)の収入があった場合、減額基準の47万円から3万円超過となり、年金額から超過分の半額1.5万円が引かれて年金月額が8.5万と損になる。


【在職老齢年金制度とは】
60歳以降厚生年金に加入しながら受け取る老齢厚生年金のこと
●60~65歳未満
賃金と年金の合計額が28万円超の部分が一部、または全額カット(総収入で変化)

●65歳以上
賃金と年金の合計額が47万円超の部分が一部、または全額カット(同上)


※2020年からの減額基準の見直しが行われているが、60~65歳未満は47万円、65歳以上は据え置きの見込みも。
次のページ 時間を有効活用して自分らしい生き方を発見しよう