保護柴たちの未来を考える(後編)─そこに運命の出会いはあるのか─ |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

保護柴たちの未来を考える(後編)─そこに運命の出会いはあるのか─

もしあなたが「保護犬」を迎えようと考えているなら

全国で先駆けて「殺処分ゼロ」を達成した神奈川県動物愛護センター(神奈川県動物保護センター)。その旧センター最後の3年間を撮り続けた写真家の犬丸美絵さんの話を中心に、前回は「保護犬」の実態について記事を公開しました。
今回はより具体的に「保護犬との暮らし」つまり、彼らを家族に迎え入れたいと考えている人に読んでほしい保護犬を迎える手順や意識、そして、ちょっと未来のことについて語ります。
そこに彼らと我々の「運命の出会い」はあるのだろうか…。

■保護犬を迎えたいと思ったら…

 犬丸さんがおすすめする保護犬を迎えるまでの手順は次の通りだ。

01_自分のライフスタイルに合った犬を選ぶ

“飼いたい犬と飼える犬は違う”ということを念頭に置き、無理せず飼うことができる、自分の性格や生活に合った犬を選びましょう。
 アウトドア派なら一緒に駆け回れるアクティブな犬種や若い犬がいいでしょうし、のんびりと暮らしたい方にはシニア犬が向いています。
 反対に、都会で暮らしてドッグカフェなどに行きたいと考えている方が、野犬のDNAを持つ子を迎えれば、お互いにストレスが増えることになります。
 決して外見だけで選ばずに、犬と一緒にどんな生活をしたいのか、お互いに楽しく過ごせるのはどんなタイプの犬なのか。よく考えて選んでほしいと思います」
 

02_自分に合う保護団体を探す

「保護犬を迎えるには、行政の動物愛護センターから直接引き取る方法と保護団体などを経由して犬を譲渡してもらう方法があります。保護団体それぞれに譲渡条件がありますので、ご自身にあったところをぜひお選びください。

 よく『保護団体にメールしても返事がない』とか『審査が厳しくて保護犬をもらえない』等の話を聞きます。保護団体の方々は想像を絶するほど忙しく、ご自身の生活を犠牲にして頑張ってらっしゃる人もたくさんいます。犬たちを大切にしているからこその連絡の遅さだと想いやって、気長に待ってあげていただければと思います。
 また、譲渡の審査基準も団体によってそれぞれです。条件が厳しすぎて断られ、心が折れてペットショップに走る方が多々いらっしゃるのも事実です。『欲しいときに欲しい犬がいないから』という声もたまに聞きますが、犬は命です。犬を商品として考えるその人間の気持ちが、殺される命を生み出していること忘れてはいけません。犬は待つものです。いろいろな条件の団体さんがいらっしゃるので、諦めず、焦らず、時間をかけて探していただけると保護犬たちは喜ぶと思います。

 譲渡後の関わり方にも団体によっていろいろあります。アフターケアをしっかりとしてくださる団体を見つけることも大切です。とにかくあせらずに見極める力を持ちましょう」
 

03_譲渡会などで実際に犬に会う

「保護犬に限った話ではありませんが、今後、一緒に暮らす命です。譲渡会や事前お見合い等、実際に会ってから選ぶことが何よりも大切です。犬の性格やご自身との相性、生い立ちや今の生活環境について等、実際に見て触れて共に時間を過ごし、団体の方と言葉を交わしてください。百聞は一見に如かずです! 犬は“個”対“個”。団体の方といるときの性格で一生生きていくわけではありません。ぜひ実際に会って、ご自身との相性を感じてほしいです」
 

04_家族となる「犬」について学ぶ

「犬について、何も知らないで飼い始めてしまう人がかなりいます。『こんなに大きくなるとは思わなかった』など、ありえない理由で放棄する人もいるくらいなのです。
 ご自身の求める犬のサイズや性格や体力、長所や短所、犬を飼うにはどのくらいお金と時間とかかるのか、もし自分に何かあって飼えなくなった時に託せる人がいるのか等々、事前に必ず勉強してからお迎えを決断してください」
 

次のページ「飼う」以外の動物愛護もある

KEYWORDS:

オススメ記事

小西 秀司

デザイナー・編集者・プランナー

出版社での雑誌編集を経て、4年以上にもおよぶアジアへの旅に。帰国後はフリーのエディトリアルデザイナーとして活躍しながらフレンチブルドッグ専門誌「BUHI」(オークラ出版)を創刊し、現在も編集長を務める。犬に対する圧倒的な愛情、柔らかな感性が多くの犬好きの共感を呼び、ワークショップの開催やラジオ出演など多方面で活躍中。弊社刊行『柴犬ライフ』統括編集。

著書は「動物たちのお医者さん」(小学館)、「きみとさいごまで」(オークラ出版)「どうして こんなにも 犬たちは」(三交社)など。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

動物たちのお医者さん (小学館ジュニア文庫)
動物たちのお医者さん (小学館ジュニア文庫)
  • 小西 秀司
  • 2015.10.28
どうして こんなにも 犬たちは 犬からもらったたいせつな10の思い出
どうして こんなにも 犬たちは 犬からもらったたいせつな10の思い出
  • 小西秀司
  • 2017.01.31