誇り、無念、後悔、怒り。轟沈する「大和」の最期で何を想ったのか? 戦後75年の今、日本人として考えるべきこと |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

誇り、無念、後悔、怒り。轟沈する「大和」の最期で何を想ったのか? 戦後75年の今、日本人として考えるべきこと

戦艦「大和」の生涯~構想から終焉まで~⑤

1945年(昭和20年)4月7日、沖縄突入作戦の命を受けた「大和」はのべ119機の米軍機による集中砲火を浴び続け、その生涯に幕を閉じることとなる。戦況が悪化したとはいえ日本海軍もわずか6カ月で轟沈することなど想定できなかっただろう。沈みゆく甲板の上で最期まで指揮を執った有賀艦長をはじめ乗組員の胸に去来した想いとは。誇り、無念、後悔、怒り…、戦後75年となる今、大和の生涯と共に改めて考えてみるべきではないだろうか。(原勝洋 編著『戦艦大和建造秘録 完全復刻改訂版』より引用)

◼️日本の惨敗だったマリアナ沖海戦

1945(昭和20)年4月7日午後、「大和」は米艦上機の猛攻により鹿児島の西南西約250キロの海域で爆沈した。写真は終末一歩手前の「大和」。艦は速力が低下し、満身創痍の状態で左に大きく傾いている

 米軍の真の目的がサイパン島上陸だと気付かなかった連合艦隊は、5月10日大和」「武蔵にビアク島奪回作戦(渾作戦)を下令した。翌日両艦は第二水雷戦隊を引き連れて、まずバチャン島へ向かっている。

 しかし2日後、米機動部隊がサイパン島沖に出現したため渾作戦は中止となり、「あ」号決戦に参加の「大鳳」を旗艦とする機動部隊と合同すべく、バャチン島を後にした。6月19日、マリアナ沖決戦の日、アウトレンジ戦法を採る機動部隊は、縦深配備の陣を取った。

 本隊の「大鳳」前方100浬に、第三航空戦隊(千歳、千代田、瑞鳳)を配備した。「大和」「武蔵」「金剛」「榛名」と第二水雷戦隊は、三航戦護衛の任についたのである。

 この日機動部隊は、ミッドウェーの戦訓を活かした三段索敵で敵空母を発見、理想のアウトレンジの距離から、総数243機の攻撃隊を出撃させた。戦果を待つ間に空母「大鳳」「翔鶴が米潜水艦の攻撃で沈められている。期待の攻撃戦も、米軍のレーダー探知と戦闘機誘導による迎撃、コンピューター照準器とVT信管による対空砲火にほとんどが撃墜されてしまった。

 翌日は逆に、米空母機に二航戦と三航戦が攻撃されている。この時、「大和」「武蔵」は、遠距離から敵機に対して主要対空弾を発射したが、戦果は不明。「千代田」「榛名は被爆し、「飛鷹は沈没した。

 結局マリアナ沖海戦は、日本側の惨敗だったのである。さらに不運が追い打ちをかけた。海上が荒れていたため、「大和」以下に燃料が補給出来なくなったのである。駆逐艦は燃料在庫が30パーセントを切り、戦艦は50パーセントという状況の下、「大和」は沖縄の中城湾へ急速補給に向かった。かくしてマリアナ沖海戦でも、「大和」など戦艦活躍の場はなかったのである。

 日本国内の燃料が不足していたため、連合艦隊は「大和」以下の艦隊にリンガ泊地への回航を命じた。「大和」は陸軍歩兵第百六連隊将兵と資材を搭載して、7月8日呉を出港、リンガ泊地へ向かったのである。

 7月16日、「大和」を含む第二艦隊はリンガ泊地に到着、以後、捷一号(しょういちごう)作戦が発動される10月18日までのおよそ三カ月間訓練に明け暮れるのである。訓練は電探射撃に重点を置いた砲戦、特に夜戦を中心に行われた。数カ月前に心配された主砲弾着散布界も、この頃には縮小していた。

 しかし実戦では、砲戦や夜戦でなく、海上航空攻撃に如何に対処するかが重要だったのである。

「大和」はマリアナ沖海戦に出撃するまで、トラック島での長期停泊を含め、航空機による空襲の恐ろしさを実感する機会がなかった。訓練はおのずと砲戦、夜戦に力が入れられた。マリアナ沖海戦の敗北後、日本は重大な局面を迎えていたのである。

次のページ「我々は死に場所を与えられた」沖縄特攻作戦

KEYWORDS:

『戦艦大和建造秘録 【完全復刻改訂版】[資料・写真集] 』
原 勝洋 (著)

 

なぜ、「大和」は活躍できなかったのか?
なぜ、「大和」は航空戦力を前に「無用の長物」だったのか?
「大和」の魅力にとりつかれ、人生の大半を「大和」調査に費やした編著者の原 勝洋氏が新たなデータを駆使し、こうした通俗的な「常識」で戦艦「大和」をとらえる思考パターンの「罠」から解放する。

2020年、「大和」轟沈75周年
世界に誇るべき日本の最高傑作、戦艦「大和」の全貌が「設計図」から「轟沈」まで、今ここによみがえる!「米国国立公文書館Ⅱ」より入手した青焼き軍極秘文書、圧巻の350ページ。さらに1945年4月7日「沖縄特攻」戦闘時[未公開]写真収録

【大型折込付録】
大和船体被害状況図(比島沖海戦時)
大和・復元図面 ①一般配置図 ②船体線図/中央切断図/防御要領図

オススメ記事

RELATED BOOKS -関連書籍-

戦艦大和建造秘録 【完全復刻改訂版】[資料・写真集]
戦艦大和建造秘録 【完全復刻改訂版】[資料・写真集]
  • 原 勝洋
  • 2019.10.12
真相・戦艦大和ノ最期―写真と新資料で解明!
真相・戦艦大和ノ最期―写真と新資料で解明!
  • 原 勝洋
  • 2003.06.01
写真・太平洋戦争の日本軍艦[大型艦・篇] (ワニ文庫)
写真・太平洋戦争の日本軍艦[大型艦・篇] (ワニ文庫)
  • 阿部 安雄
  • 2014.06.21