【日本は〝未熟〟なアイドルが売れ、韓国では〝完璧〟なアイドルが求められる】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

日本は〝未熟〟なアイドルが売れ、韓国では〝完璧〟なアイドルが求められる

日韓のアイドルの決定的な違い

日本と韓国のアイドルのあり方や求められるものはここまで違いがあるという事実を分析する。(『韓流アイドルの深い闇』著/金山 勲より

■日本は〝未熟〟が売れ、韓国では〝完璧〟が求められる

 

◆個性を重視した日本のアイドル

 当時、日本の業界ではアイドルを構成する重要なコンセプトの一つは「素人っぽさ」だった。

 女性アイドルの場合、スタイルや歌唱力はあまり問われず、「かわいい」顔としぐさで、隣にいる女の子らしい親近感が優先され、音痴もキャラの一つとして容認されていた。

 だが、某大手プロダクション創業者社長は、スターになるアイドルには、冒しがたい美しさがあるべきという水準があったのだろう。

 後に日本の女性アイドル界でレジェンド的存在になったアイドルがデビューするに当たって、彼女を見た社長は「O脚でスタイルが悪い」と採用を断ったというエピソードがある。だが彼女はその後、一世を風靡する大物に変身した。

 日本で売れる芸能人の基本的要素が、個性を重視した多様化の時代へと変化していたのである。

 彼女に続けとばかりに、その後アイドルを発掘するオーディションはいろいろな形で盛んに行われ、私も現場に立ち会うことがあった。押しなべて言えるのは、オーディションに合格するのは歌唱力、スタイル、顔立ちの美しさなどで、普通ならば当然備えておかなければならない素養に対しての優先順位は低かった。

 当時から、音響技術は驚異的に進歩しており、音程がずれて歌ったとしても、修正が可能であったからだ。

 さらに言えば、テレビ、映画、スポーツ紙、週刊誌とのメディアミックスで、さまざまな角度から宣伝プロモーションが頻繁に行われていたことも、当時の「アイドル」を容易に売り出すことを可能にしていたのである。

次のページ韓国アイドルは〝見られる〟資格がある人

KEYWORDS:

『韓流アイドルの深い闇』

金山 勲 (著)

 

薬物逮捕連発のBIGBANG、V.Iが性接待疑惑で引退。

日本で売れて帰国したとたん反日化したユンソナ。

自殺した女優チャン・ジャヨンのセックスリスト流出。

元KARAのク・ハラはリベンジポルノで脅迫騒動。

暴力団関係者から脅迫されたウォン・サンウ。

元巨人の趙成珉とその元女優チェ・ジンシルは自殺 etc……。

韓国芸能界に蔓延する麻薬、セックス、自殺、整形、反日、暴力団、兵役逃れ……。奴隷契約によって売れても地獄な韓流アイドルたちは、国費で育成されて日本をはじめとすす市場に“出荷”される“商品”である。彼ら彼女らの末路とは?

BACK NUMBER もっと見る

もっと見る

金山 勲

かなやまいさお

1956年、在日韓国人二世として、大阪で生まれる。東京の大学在学中に、TV 番組制作会社でアルバイトし、その後日本の芸能プロダクションに勤務する。韓国取材で韓国芸能界との交流が生まれる。ある韓国人女性歌手の日本デビューの手助けを頼まれ、彼女の日本滞在中の面倒を見たことで独立し、韓国から芸能人を受け入れるための事務所をソウルと東京に開設。韓流ブームがあり、当時交流した芸能事務所の担当者たちが韓国内で様々なジャンルの芸能事務所の社長になっていることで、韓流タレントの招聘や韓流ドラマの輸入に携わる。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

韓流アイドルの深い闇
韓流アイドルの深い闇
  • 勲, 金山
  • 2019.09.21