【梟雄・松永久秀の遺蹟をめぐろう!②信貴山城跡(壱)<br />】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

梟雄・松永久秀の遺蹟をめぐろう!②信貴山城跡(壱)

季節と時節でつづる戦国おりおり第396回

 さて、次は大和川を渡って、北西の朝護孫子寺を目指しましょう。こちらも聖徳太子ゆかり、真言宗の名刹です。

 

 登り口の鳥居から入り、上へ上へ。

 

 朝護孫子寺の代名詞ともなっている、超大型「張り子の虎」です。

 実はこのお寺の境内こそが、松永久秀の「信貴山城」の敷地なのです。本堂から東を眺めてみましょう。

 

 いかがですか?奈良の町まで一望の下です。この立地こそが、信貴山城の戦略的キモですね。奈良に何か動きがあれば、すぐ分かるわけですから。

 さぁ、ここからまだまだまだまだ登っていかなければなりません。

オススメ記事

橋場 日月

はしば あきら

はしば・あきら/大阪府出身。古文書などの史料を駆使した独自のアプローチで、新たな史観を浮き彫りにする研究家兼作家。主な著作に『新説桶狭間合戦』(学研)、『地形で読み解く「真田三代」最強の秘密』(朝日新書)、『大判ビジュアル図解 大迫力!写真と絵でわかる日本史』(西東社)など。


この著者の記事一覧