■ミスを補うアイデア

 たとえば、あなたにもこんな経験はありませんか?

 レストランで頼んだ最後の一品がなかなか出てこず、しばらく談笑しているうちに店を出る時間になってしまいました。

 会計の際に、「最後のコーヒーが出てこなかったんですが、時間もないのでもう結構です」と、店員にその旨を伝えます。

 その際、それを聞いた店員が「そうでしたか、申し訳ありません」と詫びただけで店を出されるか、店員が「しばらくお待ちいただけますか?」と店長の元へ走り、結果、「お詫びのしるしとしてこちらをお持ちください」とクッキーを持たされて店を出るか……。

 この対応には、歴然たる差がありますね。

 後者のように、ミスがあってもそれなりの対応をされたら、「ただでクッキーもらっちゃったな。また、何かの機会にはあの店を使おう」という気持ちにもなります。

 このように、「ミスの代償として何が出せるか、何をすることができるのか?」という代替案を用意してこそ、大人の対応だといえるでしょう。

 決して、言葉だけでその場を乗り切ろうなどと考えてはいけません。

 大人ですから、しっかりと頭を使ってアイデアを練るのです。

次のページ 「損して得とれ」&「負けるが勝ち」