日本のビジネスマンは「数字」に弱すぎる。外食産業で大儲けした男の指摘 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

日本のビジネスマンは「数字」に弱すぎる。外食産業で大儲けした男の指摘

あらゆるチャンスに数字をもちだして、これを活用せよ

■数字で未来を読める人間は強い

 人生は有限である。それはどう否定しようとしても否定できない真実である。
 ところが、人生は有限である、という発想が日本人には稀薄である。外国人にはある。たとえば、アメリカ人は60歳になると第一線をしりぞいて、働こうとはしない。

 フロリダあたりへいって、魚釣りとゴルフをして余生を楽しむ。残り少ない人生を精一杯楽しむのだ。

 それにくらべると、日本人は、今日が永遠につづく、と思っているところがある。だから、年をとっても、死ぬまで働いて、人生を楽しむことを知らない。私は、60歳になったら、第一線をしりぞいて、やりたいことをやって人生を楽しみたい、と考えている。

 日本人も数字に強くなったら、人生は有限である、ということがわかってくると思う。そうすれば、もっと、別の生き方というものがでてくるはずだ。

 日本の定年制度を見ていると、定年になったら、関連企業が雇って救済してくれる仕組みになっている。

 これなども、無限に人生がつづく、と錯覚している証拠である。だから定年退職しても、関連会社で死ぬまで働くつもりである。

 日本は人口が多いし、定年退職しても働かなければ食っていけない、という一面があることは否定しないが、「定年でもって働く人生は終わり。あとは楽しむ人生だ」と考えるのが本当であると思う。

 手前ミソないい方をすれば、私は14年前に、将来、日本マクドナルドは売り上げ1000億円の企業になる、といったらマスコミは嘲笑した。

「マクドナルドは3日でつぶれる」
「いや、1週間でつぶれる」
「藤田さん、あなた、頭のチェックに病院にいったほうがいい。米とウドンを売らないで、ハンバーガーで1000億円売って日本一の外食産業だなんて、そんなことはありえない」

 もう、さんざんに笑われ、メチャクチャにいわれた。こっちは数字をあげていっているのだが、耳をかそうとしない。
 1昨年は846億円の売り上げをあげて、ついに外食産業の日本一になった。
 そこで、マスコミの皆さんに、「来年は1000億円を売りますから」といった。
 ところが、皆さん、シーンとしてなにもいわない。昔は、ワーッと笑った人たちが、たぶん本当だろう、という顔をしている。

 私は、「どうか笑ってください」といった。笑われると、やったるぞ、という気になる。しかし、本当だろうな、という顔をされると、かえってやる気がなくなってしまう。

 だから、いい加減にここらでやめようか、というのだ。もっとも、それは冗談だが。

 私は数字をはじいて、絶対にいけるという自信と確信をもったからこそ、そういったまでなのである。

KEYWORDS:

今こそ読むべき、お金儲けの古典!
藤田田の好評既刊

◎経営者・リーダー向け『勝てば官軍』

◎入門編『Den Fujitaの商法①~④』

①頭の悪い奴は損をする

②天下取りの商法

③金持ちラッパの吹き方

④超常識のマネー戦略

〈ベストセラーズからのおしらせ〉

また、アマゾンの中古市場で1万円以上の値をつける、藤田氏の

傑作『ユダヤの商法』も3月に復刊予定!お楽しみに。

オススメ記事

藤田 田

ふじた でん

「日本マクドナルド」創業

1926年大阪生まれ。旧制北野中学、松江高校を経て、1951年東大法学部を卒業。在学中GHQの通訳を務めたことがきっかけで「藤田商店」を設立、学生起業家として輸入業を手がける。1971年、米国マクドナルド社と50:50の出資比率で「日本マクドナルド(株)」を設立。同年7月、銀座三越1階に第1号店をオープン。そこからハンバーガー旋風を巻き起こし日本人の食生活を変えていく。「価格破壊」など革新的な手法を次々と展開した。のちに「日本トイザらス」も設立。2004年没。孫正義氏、柳井正氏ら、日本を代表する企業を率いる経営者たちに影響を与えたとされる。『ユダヤの商法』『勝てば官軍』『Den Fujitaの商法』など数々のベストセラーを残した。長く品切れが続いていたが2019年4月に完全復刊する。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

ユダヤの商法(新装版)
ユダヤの商法(新装版)
  • 藤田 田
  • 2019.04.13
勝てば官軍(新装版)
勝てば官軍(新装版)
  • 藤田 田
  • 2019.04.13
この先20年使えて「莫大な資産」を生み出すビジネス脳の作り方(Den Fujitaの商法3の新装版)
この先20年使えて「莫大な資産」を生み出すビジネス脳の作り方(Den Fujitaの商法3の新装版)
  • 藤田 田
  • 2019.04.13