■治療2か月後・・・転移性の肺ガンが消えた!

 僕は「点滴療法研究会」が行っている超高濃度ビタミンC点滴の講習を何回も受けており、認定医の資格をもっていました。とはいえ、実際に患者さんにビタミンC点滴を行うのは初めてです。そこで、まず知り合いの美容皮膚科医に頼んで、ビタミンC点滴のやり方を教えてもらいました。ビタミンC点滴は、美容目的の治療にはよく用いられているのです。

 病院内には、Bさんのための点滴スペースが設けられ、いよいよ超高濃度ビタミンC点滴を開始しました。100gのビタミンCを3時間近くかけて体内に入れる点滴を、1か月で25日間。大学病院で抗ガン剤を投与される5日間を除いて毎日行いました。

 同時に、Bさんには食事を「断糖」に切り替えてもらいました。ご飯や根菜、果物やお菓子など、糖質を含む食品を断ってもらったのです。

私の第1号の患者Bさんは、2007年、新婚早々に「余命3か月」の宣告。超高濃度ビタミンCと断糖療法で・・・2018年現在、今では元気に職場復帰しています(写真はイメージです)。

 若い夫婦なので、本当なら毎日ビタミンC点滴を受けるのは経済的に厳しいはずでした。でも、例の女性医師が援助するなどして、理想的な回数を受けてもらうことができました。

 何より幸運だったのは、病院が治療を許可してくれたことです。理事長が女性で、かつて自身もガンを患ったことがあるからでしょうか。

   こんな前例のない取り組みに、暖かい理解を示してくれました。

 2か月後、大学病院での画像検査の結果では、転移が認められていた肺のガンがきれいに消えていました。僕たちは、「これはいけるんじゃないか」と期待感に湧きました。

次のページ 治療5か月後・・・すべてのガンがなくなった!