食べたいものを我慢したくない女子へ。「体幹」をやれ! | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

食べたいものを我慢したくない女子へ。「体幹」をやれ!

代謝量が増えることで美肌効果や便通などにも効果

■食事制限はリバウンドする

 ダイエットと聞いて、真っ先に思い浮かべるのは食事制限かと思います。

 

 食べたいものを我慢して、

摂取エネルギー < 消費エネルギー
を維持すれば、必然的に痩せることができます。

 しかしこの方法の最大のデメリットは、ダイエット後のリバウンド。

 目標体重に達した後、その反動からか食事内容を戻してしまう人が多く、以前の体重よりも太ってしまう、などということもあります。

 では、無理な食事制限をせずとも、痩せられる方法があるとすれば、どうでしょう。

 そのキーワードとなるのが「体幹」です。

 

 体幹とは胸から胴体、お腹の部分のことですが、この体幹を鍛えることで、無理な食事制限をせず、健康的に痩せることができるのです。
ではその仕組みを説明しましょう。

 1日のエネルギー消費のうち、何もしないでも勝手に消費される「基礎代謝量」は60~75%といわれていますが、この基礎代謝量は体の中の筋肉量が増えることで増加します。つまりは筋肉量を増やせば痩せやすくなるということですが、ここで重要なのが、体の深層部にあるインナーマッスルを鍛えるということ。

 筋肉にはアウターマッスルとインナーマッスルがありますが、なにか体を動かすときにはアウターマッスルよりも先にインナーマッスルに負荷がかかり、先に働きます。そのため体幹トレーニングによってインナーマッスルを鍛えれば、その分だけ脂肪を燃焼させやすい体になるのです。

 さらに体幹が安定することで姿勢が良くなり、代謝量が増えることで美肌効果や便通などにも効果があり、女性にとって重要な役割を担う「骨盤底筋群」の強化も行えます。

 インナーマッスルは筋肉がつきにきくいため、持続的なトレーニングが必要という欠点がありますが、とはいえ毎日たった5分ほどの簡単なトレーニングで十分に効果が発揮されます。これを1週間ほど続ければ、まずは体が軽くなり、2週間で柔軟性を取り戻し、3~4週間後には徐々に体重が落ち始めることでしょう。

 無理な食事制限をせずに、自分のペースで痩せられる。

 これがリバウンドしない「体幹ダイエット」の仕組みです。

『女優・モデルが密かにやっているリバウンドしない体幹ダイエット』より構成〉

KEYWORDS:

オススメ記事

木場克己×澤山璃菜

こばかつみ×さわやまりな

木場克己

1965年生まれ。KOBAスポーツエンターテイメント代表およびKOBA式体幹バランス協会会長。柔道整復師、鍼灸師、日本体育協会公認アスレティックトレーナーなどの資格を持つ。アスリートの体幹強化トレーナーとしてスポーツ選手から絶大な支持を集めており、サッカー日本代表の長友佑都選手をはじめ、現在では女子スノーボーダーの岩渕麗楽選手や水泳の池江璃花子選手のトレーナーとしても活躍。



澤山璃奈

1988年生まれ。新横浜プリンスホテルFSCおよび法政大学体育会スケート部フィギュア部門出身。2004~06年には全日本フィギュアスケートジュニア選手権でアイスダンス3連覇を達成。現在プロスケーターとして様々なアイスショーに出演し、また女優・タレントとしてダンスボーカルユニット「LOVEACE」としても活動。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

女優・モデルが密かにやっているリバウンドしない体幹ダイエット
女優・モデルが密かにやっているリバウンドしない体幹ダイエット
  • 木場 克己・澤山 璃奈
  • 2018.08.18