脚本家・古沢良太、流行より「人が口に出さないけど押し殺していること」を描く魅力 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

脚本家・古沢良太、流行より「人が口に出さないけど押し殺していること」を描く魅力

古沢良太さん4月毎日更新 Q20.脚本には時事的な問題や流行は取り入れますか?

社会現象を巻き起こすようなテレビドラマ、熱狂的なファンを生むテレビドラマは、その時代の空気感を上手に捉えているのが特徴だ。脚本家の古沢良太さんは、そんな時代の空気感と脚本の関係をどう考えているのだろうか。

――世の中の流行や時事的な問題は、脚本を書くときに参考にしたり、取り入れようとしたりすることはありますか。

 そんなに意図してはいないですけど、それは自然と反映されてるんでしょう。

――この連載「30問30答」の以前の回で、『コンフィデンスマンJP』について「世の中もモラルとかにとても厳しくなってきていると感じていたので、そういうのを木端微塵に吹き飛ばすドラマをやりたかった」という話がありましたね。

 

「ドラマを通じて問題提起をしたい」とか、そういうつもりはないんですけどね。あと流行については、「こういうものが流行っているから取り入れよう」と思うことはなくて。むしろ、その先のものを描きたいというか、「本当はみんなが求めているけど口に出さないこと」、「気づかないけど押し殺していること」を刺激できたらいいなと思っています。

――『リーガル・ハイ』に熱狂する人が多かったのは、視聴者のそういった感情が刺激されたからなんでしょうね。一方で『コンフィデンスマンJP』第1話では「『人を信用する』って、どういうことなんだろう?」と考えさせられる場面やセリフもありました。1話ごとに「こんなメッセージを伝えたい」と考えていることはあるのでしょうか。

 いや、それは考えないです。「書いているうちに、そういうところにたどり着ければいいなあ」くらいの気持ちで書いていますけど、別になくてもいいと思っています。

 

 
〈明日の質問は……Q21.「過去の自分の作品を見返すことはありますか?」です。〉

KEYWORDS:

当代随一の脚本家・古沢良太が描き出す
「痛快エンターテインメントコメディー」!
長澤まさみが、およそ11年ぶりに「月9ドラマ」主演!
長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、主要キャストが全員詐欺師!

『コンフィデンスマンJP』

4月9日スタート 毎週月曜 午後9時放送 ☆初回30分拡大放送☆

【公式HP】http://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/

写真提供/フジテレビ

オススメ記事

古沢 良太

こさわ りょうた

脚本家。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』で第29回日本アカデミー賞 最優秀脚本賞を受賞。その後もドラマ『リーガルハイ』や映画『ミックス』などの話題作で脚本を担当。4月から放送スタートのドラマ『コンフィデンスマンJP』の脚本も手掛けている。


この著者の記事一覧