自殺は倫理に背く行為なのか?~三島由紀夫が叱った現代日本⑥ |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

自殺は倫理に背く行為なのか?~三島由紀夫が叱った現代日本⑥

日本人は豚になる~三島由紀夫の予言


今年は俳優の自殺が相次いだ。俳優の三浦春馬さん、女優の芦名星さん、竹内結子さん……。日本俳優連合の調査(10月30日公開)によると「仕事が原因で死にたいと思ったことがあるか」という質問に対して、約3割が「ある」と回答したという。三島由紀夫は自殺を嫌った。「私は自殺をする人間がきらひである」「自殺する文学者といふものを、どうも尊敬できない」(芥川龍之介について」)。ではなぜ三島は自殺したのか。作家適菜収氏が新刊『日本人は豚になる 三島由紀夫の予言』でそのすべてを明らかにする。


三島由紀夫

■自殺について

・・・・・・・・・・

 あらゆる形の自殺に、演技の意識が伴ふことを、心理学者はよく知つているが、私には自殺という行為は、他のあらゆる人間行為と同様、あらはな、あるひは秘められた不純な動機を手がかりにして、はじめて可能になるものだと思はれる。(「心中論」)

 ・・・・・・・・・・ 

 三島は自殺を否定していた。

 文学者の死、保守主義者の死を認めなかった。しかし、晩年の数年間は右翼= 理想主義者に転向して(それが偽装であるかどうかは別として)武士として死んだのである。

 三島は太宰治を嫌った。

太宰治

  ・・・・・・・・・・ 

 どんな強者と見える人にも、人間である以上弱点があつて、そこをつつつけば、もろくぶつ倒れるものですが、私がここで「弱い者」といふのは、むしろ弱さをすつかり表に出して、弱さを売り物にしてゐる人間のことです。この代表的なのが太宰治といふ小説家でありまして、彼は弱さを最大の財産にして、弱い青年子女の同情共感を惹き、はてはその悪影響で、「強いはうがわるい」といふやうなまちがつた劣等感まで人に与へて、そのために太宰の弟子の田中英光などといふ、お人好しの元オリンピック選手の巨漢は、自分が肉体的に強いのは文学的才能のないことだとカンチガヒして、太宰のあとを追つて自殺してしまひました。これは弱者が強者をいぢめ、つひに殺してしまつた怖るべき実例です。

 ところで私は、かういふ実例を、生物界の法則に反したデカダンな例とみとめます。(「不道徳教育講座」)

・・・・・・・・・・

 私は以前『日本を救うC層の研究』という本に、三島が若い頃に太宰に会いに行ったときのエピソードについて書いた。

 大ざっぱに説明するとこういう話である。

 太宰が『斜陽』の連載を終えた頃に、三島は劇作家の矢代静一らと一緒に会いに行った。

 三島は普段着ない和服姿だった。それは《十分太宰氏を意識してのことであり、大袈裟に云えば、懐に匕首を呑んで出かけるテロリスト的心境であつた》(「私の遍歴時代」)。

 料理屋の暗い階段を上って二階に行くと、一二畳ほどの座敷に大勢の人がいた。

 上座には太宰と文芸評論家の亀井勝一郎が並んで座り、青年たちがそのまわりを取り囲んでいる。

 三島は友人の紹介で挨拶をし、太宰から盃をもらった。

 そのときのことを三島はこう述べている。

・・・・・・・・・・

 場内の空気は、私には、何かきはめて甘い雰囲気、信じあつた司祭と信徒のやうな、氏の一言一言にみんなが感動し、ひそひそとその感動をわかち合い、又すぐ次の啓示を待つ、といふ雰囲気のやうに感じられた。これには私の悪い先入主もあつたらうけれど、ひどく甘つたれた空気が漂つてゐたことも確かだと思ふ。一口に「甘つたれた」と云つても、現在の若い者の甘つたれ方とはまたちがひ、あの時代特有の、いかにもパセティックな、一方、自分たちが時代病を代表してゐるといふ自負に充ちた、ほの暗く、抒情的な、……つまり、あまりにも「太宰的な」それであつた。(「同前」) 

・・・・・・・・・・

 

次のページ3人の「表現者」の自死

KEYWORDS:

オススメ記事

適菜 収

てきな おさむ

1975年山梨県生まれ。作家。ニーチェの代表作『アンチクリスト』を現代語にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』、『小林秀雄の警告 近代はなぜ暴走したのか?」(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(講談社)、中野剛志・中野信子との共著『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』(文春新書)、『遅読術』、『安倍でもわかる政治思想入門』、清水忠史との共著『日本共産党政権奪取の条件』(KKベストセラーズ)など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。https://foomii.com/00171


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

日本人は豚になる: 三島由紀夫の予言
日本人は豚になる: 三島由紀夫の予言
  • 適菜 収
  • 2020.11.05