11月25日、三島由紀夫が割腹自殺する前に発した予言 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

11月25日、三島由紀夫が割腹自殺する前に発した予言

日本人は豚になる~三島由紀夫の予言⑨


日本を代表する国賊売国奴である安倍晋三が、首相在任中にトランプ米大統領から、日米安全保障条約について「不公平だ」と繰り返し不満の表明を受けていたと暴露した。安倍は「(私は)内閣支持率を下げながら安全保障関連法を成立させた」と訴えたそうだが、2015年の安保関連法案を巡る騒動の際(当時はオバマ政権)、安倍は「アメリカの戦争に巻き込まれることは絶対にない」「自衛隊のリスクが下がる」などと大法螺を吹いていた。もちろん、そんなわけはない。アメリカの要求に従い、属国への道を選択しただけだ。恥を失った国の末路はどうなるのか。本日11月25日は三島由紀夫が自衛隊市ヶ谷駐屯地に乱入し、割腹自殺を遂げた日だ。そして三島は今日の日本のだらしない姿を予言していた。作家適菜収氏が新刊『日本人は豚になる 三島由紀夫の予言』でそのすべてを明らかにする。


1970年11月25日、市谷自衛隊駐屯部隊1号館のバルコニーで演説する三島。

■「敵は俗衆だ」

 三島は小説家の林房雄にこう言っている。

・・・・・・・・・・

 大衆社会化については、僕が書いた「林房雄論」のなかでも言ったが、これから「敵は俗衆だ」ということを書いたことがありました。あの本を書いたときに予感としてあったのは、かなりいま現実に出てきましたけれどもね。これは、インダストリアリゼーションの必然的結果で、工業化の果てに、精神的空白なり荒廃がくるというのは、どこの国でも同じ現象だと思います。(「対話・日本人論」)

・・・・・・・・・・

林房雄

 

 その精神的空白を埋める努力は失敗した。

 三島は左翼にも一般民衆にも絶望した。

「忠義」は枯野に野垂れ死にするだけだし、笑いものになり、狂人扱いされる。

 三島は吉田松陰が《孤立して狂っているのではないかと疑われるほど精神が先

鋭化していくのを自覚したに違いない》と言う。

吉田松蔭

 そして三島も「狂」の道へ足を踏み入れた。

・・・・・・・・・・ 

 銘記せよ! 実はこの昭和四十四年十月二十一日といふ日は、自衛隊にとつては悲劇の日だつた。創立以来二十年に亘(わた)つて、憲法改正を待ちこがれてきた自衛隊にとつて、決定的にその希望が裏切られ、憲法改正は政治的プログラムから除外され、相共に議会主義政党を主張する自民党と共産党が、非議会主義的方法の可能性を晴れ晴れと払拭した日だつた。論理的に正に、この日を境にして、それまで憲法の私生児であつた自衛隊は、「護憲の軍隊」として認知されたのである。これ以上のパラドックスがあらうか。

 われわれはこの日以後の自衛隊に一刻一刻注視した。われわれが夢みてゐたやうに、もし自衛隊に武士の魂が残つているならば、どうしてこの事態を黙視しえよう。自らを否定するものを守るとは、何たる論理的矛盾であらう。男であれば、男の矜(ほこ)りがどうしてこれを容認しえよう。我慢に我慢を重ねても、守るべき最後の一線をこえれば、決然起(た)ち上るのが男であり武士である。われわれはひたすら耳をすました。しかし自衛隊のどこからも、「自らを否定する憲法を守れ」といふ屈辱的な命令に対する、男子の声はきこえては来なかつた。かくなる上は、自らの力を自覚して、国の論理の歪(ゆが)みを正すほかに道はないことがわかつているのに、自衛隊は声を奪はれたカナリヤのやうに黙つたままだつた。

 われわれは悲しみ、怒り、つひには憤激した。諸官は任務を与へられなければ何もできぬといふ。しかし諸官に与へられる任務は、悲しいかな、最終的には日本からは来ないのだ。シヴィリアン・コントロールが民主的軍隊の本姿である、といふ。しかし英米のシヴィリアン・コントロールは、軍政に関する財政上のコントロールである。日本のやうに人事権まで奪はれて去勢され、変節常なき政治家に操られ、党利党略に利用されることではない。

 この上、政治家のうれしがらせに乗り、より深い自己欺瞞と自己冒涜(ぼうとく)の道を歩まうとする自衛隊は魂が腐つたのか。武士の魂はどこへ行つたのだ。魂の死んだ巨大な武器庫になつて、どこへ行かうとするのか。(「檄」)

・・・・・・・・・・ 

次のページ自衛官の罵倒

KEYWORDS:

オススメ記事

適菜 収

てきな おさむ

1975年山梨県生まれ。作家。ニーチェの代表作『アンチクリスト』を現代語にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』、『小林秀雄の警告 近代はなぜ暴走したのか?」(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(講談社)、中野剛志・中野信子との共著『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』(文春新書)、『遅読術』、『安倍でもわかる政治思想入門』、清水忠史との共著『日本共産党政権奪取の条件』(KKベストセラーズ)など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。https://foomii.com/00171


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

日本人は豚になる: 三島由紀夫の予言
日本人は豚になる: 三島由紀夫の予言
  • 適菜 収
  • 2020.11.05