《松浦鉄道》グロテスクなものほど美味い! これ美食の鉄則?【女子鉄ひとりたび】24番線 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

《松浦鉄道》グロテスクなものほど美味い! これ美食の鉄則?【女子鉄ひとりたび】24番線

すべての鉄道を乗りつぶした唯一の女性芸能人が行く、西九州の旅4回目


元祖鉄道アイドル、今は「鉄旅タレント」として鉄道をアツく語る、木村裕子が日本各地の魅力的な路線を紹介する“女子鉄ひとりたび”『女子鉄ひとりたび』著・木村裕子より)。旅はまさに運命的な出会いの「無限列車」。立ち寄った松浦鉄道のたびら平戸口駅では、自分のことを知っていた駅長とまさかのご対面。そして駅の改札口をくぐった彼女を待っていたのは、文字通りオイシイ出会い……?


■意外にも美味かったエイリアン

なぜに巨大カマキリ? なぜにマネキン? たびら平戸口との関わりは?

 

 たびら平戸口(ひらどぐち)駅の外へ出ると、異彩を放つオブジェが目に飛び込んできて、
「何これ!?!?」と思考回路が一瞬停止する。

 高さ10メートルを超える巨大カマキリが、貨車にまたがってこちらを睨む。その横には、巨大カマキリを小さなタモ網で捕まえようとしているマネキン人形。なんとも個性がとがっている。

 頭の中が整理できないので、これを作った人の制作意図を想像することにした……。

 いや、全くわからない。しばし考えてみたが答えは出ないし、次の列車の時間も迫っているので、腑に落ちないままランチへ向かうことにした。

 するとこのあと、残ったモヤモヤが思わぬ展開で晴れることとなる。

 ランチは地元名物のうちわエビが食べたくなり、事前に調べておいた海に近い食事処の「お食事の店萬福」へ。ここはお刺身定食のお刺身が、無制限でおかわりできるメニューが1700円(税別)からある。人気店のようで、4組待ちでカウンターに通された。

平戸名物、うちわエビ

 うちわエビとはその名の通り、団扇(うちわ)のように丸く平たい顔をしていて、エイリアンを思わせるグロテスクな姿態。しかも、どこから殻を剥いてよいかわからず、肝心な身がなかなか取り出せない。

 悪戦苦闘していると、見かねた大将が教えてくれた。そのお味は異様な姿とは裏腹に、カニのように濃厚でとても美味しい。

 あまりの美味しさに、オーバーなレポーター風に絶賛してしまった。その食レポを笑いながら見る大将と話が弾み、鉄道が好きで松浦鉄道に乗りたくて東京から来たと伝えると、

「駅前のカマキリ見た? あれ、俺が作ったんだよ!」

次のページ新メニューは裕子が考案?

KEYWORDS:

■松浦鉄道たびら平戸口駅で「女子鉄ひとりたび」絶賛発売中!

松浦鉄道さんのご厚意により、裕子の本を置かせてもらいました! 
特別な特典はございませんが、旅の記念に、お土産に、もし見かけたら買ってくださいね。


■な、なんとこの夏も、水間鉄道に「女子鉄ひとりたび」ヘッドマーク電車走った!

掲出日程:2020年8月11日~8月20日(10日間)
掲出車両:1003(青ライン/貝塚駅側)
走行日:8月11、12、13、16、17日


オススメ記事

木村 裕子

きむら ゆうこ

タレント

元・鉄道アイドル。現・鉄旅タレント。

愛知県名古屋市出身。所属事務所はオフィス北野→マセキ芸能社。 幼少期から鉄道が好きで、元JR車内販売員を経て、元祖鉄道アイドルとしてデビュー。2015年に日本の鉄道全線完乗を達成。国内旅行業務取扱管理者の資格を持ち、カルチャースクールで講師も務める。

現在は「アメトーク(テレビ朝日)」出演など、テレビやラジオなど幅広いメディアで活躍中。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

女子鉄ひとりたび: “裕子流鉄道旅”に同行すると、日本が愛おしくなる
女子鉄ひとりたび: “裕子流鉄道旅”に同行すると、日本が愛おしくなる
  • 裕子, 木村
  • 2019.12.25
ダイヤに輝く鉄おとめ
ダイヤに輝く鉄おとめ
  • 矢野 直美
  • 2010.02.27