【山手線「地名」トリビア】49年ぶり新駅「高輪 ゲートウェイ」の「ゲートウェイ」の由来は江戸時代だった!《47都道府県「地名の謎」》 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

【山手線「地名」トリビア】49年ぶり新駅「高輪 ゲートウェイ」の「ゲートウェイ」の由来は江戸時代だった!《47都道府県「地名の謎」》

【全国地名由来辞典】県や町の名前から郷土のドラマをひもとこう!_都道府県 地名由来百科コラム


 日本の地名は世界でも稀に見るほどバリエーションが豊富。
 地名の由来を探ると、多様な地形、自然を愛でる表現性、ふるさとを思う民俗性など、この国の原点が見えてくる。
 読者のみなさんの故郷はどちらですか? 地名は・・・
 日本人ならなぜか初対面でも話が弾む出身地・県民性・そして地名雑学‼️
 ようこそ! 地名の奥深い世界へ‼️


 

明治5年(1872)に開業、大正14年(1925)に環状運転を開始以来、現在まで続く山手線。

■東京を走る環状路線、約50年ぶりに新駅登場

 今年の3月に新駅「高輪ゲートウェイ」駅が開通した山手線
 昭和46年(1971年)西日暮里駅が開業して以来、49年ぶりとなり、全部で30駅となった。駅名はその地域の地名にちなむものが多いが、特にユニークな由来を持つものをピックアップする。

 

●《NEW》高輪ゲートウェイ
「ゲートウェイ」って何?

 2020年3月に開業した「高輪ゲートウェイ」駅。駅名は公募で「高輪」1位を獲得。かつてこの地が江戸の玄関口「大木戸」として賑わいを見せたこと、過去と未来、日本と世界など多くの人々をつなぐ接点として、街全体の発展につながるようにとの願いが込められ、「ゲートウェイ」が追加された。

駅舎の設計は隈研吾が担当、折り紙を模した大屋根が特徴である。

 

●日暮里
「新堀(にいほり)」から「日暮らしの里」へ

 16世紀の北条氏の家臣、遠山弥九郎「新堀」を築いたことによる。江戸時代には「新堀村」だったのが、この山一帯の風景があまりにも美しかったため、「日暮里」という表記が広がり、「日暮らしの里」と呼ばれるように(【注】「ヌプリ=山」というアイヌ語説もあり)。
 ちなみに「谷根千」谷中、根津、千駄木を省略したものだが、谷中は谷の中、根津は本郷台地の根、千駄木は多くの木材を出したことに由来する。

もとは江戸城内にあった本行寺。「月見寺」とも呼ばれ、小林一茶など文人たちが集まった。

 

●大塚
大塚と滝沢馬琴の意外な関係

 先史時代の古墳があったことから「大塚」の地名で呼ばれたが、本来は東京メトロ「茗荷谷」駅の近くだった。
 さらに滝沢馬琴『南総里見八犬伝』に出てくる「大塚の里」はこの地であったという。結城の戦いに出向いた犬塚番作が大塚の里に戻ってきたとき、すでに家督を奪われていたため、大塚に変えたのだという。その息子が主人のひとり、犬塚信乃である。

『南総里見八犬伝』の名場面。屋根の上にいるのが犬塚信乃。月岡芳年「芳流閣両雄動」

 

●高田馬場
本当は「戸塚」だった?

 「馬場」とは馬術訓練場のことで、今の早稲田大学の裏手に続く台地にあった。それが高い場所だったので「高田馬場(たかたのばば)」となった。高田馬場駅が開業した明治43年(1910年)、当初は地元の地名にちなんで「戸塚」駅にしようとしたが、すでに神奈川県にあったため、高田馬場に。本来の史跡と区別するため「たかだのばば」となった。

早稲田駅はあるものの、本来はこちらが高田馬場の地だった。

 

● 秋葉原
「アキバ」でなく「アキハ」

 明治2年(1869年)に起こった大火が元で、政府はこの地に火除けの地を設け、その中心に火伏せの神で知られる秋葉神社を勧請した。
 この神社から「秋葉原」という地名が誕生したが「アキバ」ではなく「アキハ」なのである。
 静岡県浜松市にある秋葉神社の総本宮は秋葉(アキハ)神社で、「アキハさん」とも呼ばれている。

秋葉原にあった神社は鉄道駅の設置のため、現在は台東区松が谷に移動している。

(2020年一個人5月号から

 

KEYWORDS:

オススメ記事

谷川 彰英

たにかわ あきひで

筑波大名誉教授

1945年長野県生まれ。ノンフィクション作家。東京教育大学(現・筑波大学)、同大学院博士課程修了。柳田国男研究で博士(教育学)の学位を取得。筑波大学教授、理事・副学長を歴任するも、退職と同時にノンフィクション作家に転身し、第二の人生を歩む。筑波大学名誉教授。日本地名研究所元所長。主な作品に、『京都 地名の由来を歩く』シリーズ(ベスト新書)(他に、江戸・東京、奈良、名古屋、信州編)、 『大阪「駅名」の謎』シリーズ(祥伝社黄金文庫)(他に、京都奈良、東京編)『戦国武将はなぜ その「地名」をつけたのか?』 (朝日新書)などがある。

 

 

 

 

 

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

一個人(いっこじん) 2020年 05 月号
一個人(いっこじん) 2020年 05 月号
  • 2020.04.09