【ディズニーランドの時計から出現! 意外な動物に思わずほっこり】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ディズニーランドの時計から出現! 意外な動物に思わずほっこり

マニア歴12年のディズニーブロガーだから知っている東京ディズニーリゾートの話 第9回

◆優雅な船にさりげなく書かれた「浦安市」の文字

 ウエスタンランドにある「蒸気船マークトウェイン号」も、1983年4月のグランドオープン時からあるアトラクションです。

 同船は1階〜4階(ゲストが上がれるのは3階まで)の「4層構造」となっており、1層目はメインデッキ、2層目はプロムナードデッキ、3層目はテキサスデッキという名称。乗船可能人数が475人とかなり多いので、短い待ち時間で乗れる「遊覧船」でもあります。

 そんな優雅なアトラクションには現実的な側面もあります。それは、「船舶法」に基づき、船舶として「マークトウェイン号」の名称で船籍登録されていること。船舶法の第7条では、船の名称、船籍港、番号、総トン数等を船に表示しなくてはならないと決められています。

 そのため同船を真正面から見ると、船首下にカタカナで「マークトウェイン」と記載されています。ここは比較的目立つ場所なので見たことがある方もいるかもしれません。

 そしてさらに同船を後ろ側から見ると「赤い大きな外輪」が目をひきますが、よく見るとスクリューの奥に「浦安市」の文字が書かれているのです。これが先の船舶法第7条で定められた「船籍港」に該当します。スクリューの陰に隠れているので、気に留めない方も多いと思います。

 夢の国のなかで、「リアル感」が出てしまう「浦安市」の文字。法律に従っての表示ですが、少しでも見えにくくなるような配慮がされているのです。

 花火が打ち上げられる時間帯の前後は通常、マークトウェイン号の周辺は一時的に立ち入りが制限されることがあります。しかし、風向き等の条件が揃えば、マークトウェイン号のデッキから花火が見られることも。風が穏やかな日に、船の近くに行ってみると貴重な体験ができるかも……?

〈『思わず話したくなる究極のディズニー』より構成〉

初めての「ひとりディズニー」は、ディズニーシーが断然おすすめ!

KEYWORDS:

オススメ記事

みっこ

年間パスポートで東京ディズニーリゾートに通うこと、十数年。細かな雑学等を紹介するブログを14年間書き続け、これまでに約4600のブログ記事を執筆。ディズニーホテルとオフィシャルホテルへの70回以上の宿泊経験も活かしながら、WEBライタ-としても活躍中。パークの細かな雑学やこだわりが大好物。性別年齢不詳の天邪鬼だが、実はフツーの社会人。WEBメディア「ウレぴあ総研」や個人メディア「TDRハック」にてライターとして記事を執筆するほか、女性誌やテレビ番組への取材協力などを行う。著書に『ディズニーに行く前に知っておくと得する66の知識』(文響社)、『701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法』『思わず話したくなる究極のディズニー』(KKベストセラーズ)がある。

ブログ「TDRな生活」

Twitterアカウント @mikko_20100518


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

思わず話したくなる究極のディズニー
思わず話したくなる究極のディズニー
  • みっこ
  • 2017.03.18
701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法
701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法
  • みっこ
  • 2016.06.25