【ディズニーで「スペルミス」が放置されている理由】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ディズニーで「スペルミス」が放置されている理由

マニア歴12年のディズニーブロガーだから知っている東京ディズニーリゾートの話 第8回

東京ディズニーリゾートの楽しみといえば、アトラクションやショーだけだと思っていませんか? しかし、十数年パークに通うディズニーブロガーのみっこさんは、「アトラクションやショーの魅力はもちろんですが、ふとした光景に隠れているこだわりを見つけるとパークで味わえる感動は何倍にもなる」と言います。最新刊『思わす話したくなる究極のディズニー』より、人気アトラクション「プーさんのハニーハント」にまつわるエピソードを紹介します。

ディズニーリゾートの「顧客満足度」が急落した理由

◆失敗? それとも……スペルミスがあちこちにある!

 幅広い層のゲストが楽しめるアトラクション「プーさんのハニーハント」。大きな絵本をモチーフにした建物が人目をひきますが、実はここに大きな間違いが……!

 絵本の左のページには、風船を手にもつプーさんとティガーのイラストが描かれており、ここにアトラクション名が英語で「POOH’S Hunny Hunt」と書かれています。

 しかし、本来「ハチミツ」は「H〝O〟NEY」のはず。まさかのスペルミス……! と思ってしまいますが、実はこんな理由があります。

 プーさんが住むのは、主人公である男の子「クリストファー・ロビン」が作り上げた世界。まだ幼いクリストファーは、英語のスペルが上手に書けないため、文字を間違えてしまったのだとか(現地キャスト談)。

 そのため、アトラクションの英語表記はこの間違ったスペルが正式なものとして使われており、公式サイトやガイドブック等でも同様の表記がされています。

 また、アトラクション内にはあちこちにスペルが間違っていたり、「S」が「?」、「Eが「∃」というように、アルファベットが左右対称になっているところがあります。

次のページ地図に書かれた変わった方角

KEYWORDS:

BACK NUMBER もっと見る

もっと見る

みっこ

年間パスポートで東京ディズニーリゾートに通うこと、十数年。細かな雑学等を紹介するブログを14年間書き続け、これまでに約4600のブログ記事を執筆。ディズニーホテルとオフィシャルホテルへの70回以上の宿泊経験も活かしながら、WEBライタ-としても活躍中。パークの細かな雑学やこだわりが大好物。性別年齢不詳の天邪鬼だが、実はフツーの社会人。WEBメディア「ウレぴあ総研」や個人メディア「TDRハック」にてライターとして記事を執筆するほか、女性誌やテレビ番組への取材協力などを行う。著書に『ディズニーに行く前に知っておくと得する66の知識』(文響社)、『701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法』『思わず話したくなる究極のディズニー』(KKベストセラーズ)がある。

ブログ「TDRな生活」

Twitterアカウント @mikko_20100518


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

思わず話したくなる究極のディズニー
思わず話したくなる究極のディズニー
  • みっこ
  • 2017.03.18
701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法
701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法
  • みっこ
  • 2016.06.25