【東進vsスマホ予備校。新潮流・「映像授業」の勝者は?】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

東進vsスマホ予備校。新潮流・「映像授業」の勝者は?

予備校は生き残れるか①

●有力講師を多数揃える「学研プライムゼミ」が本気

 今年3月から、学研が「学研プライムゼミ」の配信を、個人向けにも開始した。「学研プライムゼミ」とは出版社・学研が行う動画配信の映像授業であり、前年から学習塾などに向けて配信していた。

 この「学研プライムゼミ」の講師の名前を見ると、おやっと思う。化学の鎌田真彰、日本史の野島博之、世界史の斎藤整。いずれも東進ハイスクールで活躍していた講師達で、引き抜きがあったのだろうと普通は見る。しかしさらにさかのぼると、彼らはもともとは駿台予備学校で人気が高かった講師であり、それゆえに多くのコマ数を持ち、ハードに働いていた人たちでもある。

 そんな人たちが、映像授業の東進に引き抜かれ、さらには学研に引き抜かれた。「学研プライムゼミ」は、映像授業時代の予備校の中で、確固たる「講師力」で地位を築こうとしている。

次のページ「スマホ予備校」って知ってる?

KEYWORDS:

オススメ記事

小林 拓矢

こばやし たくや

1979年山梨県甲府市生まれ。早稲田大学卒。フリーライター。単著『早大を出た僕が入った3つの企業は、すべてブラックでした』(講談社)、共著に首都圏鉄道路線研究会『沿線格差』『駅格差』(ともにSB新書)など。


この著者の記事一覧