英語だけじゃない! 高校までに海外留学をすべきこれだけの理由 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

英語だけじゃない! 高校までに海外留学をすべきこれだけの理由

グローバル時代に通用する「究極の育て方」③

わが子をグローバル社会で活躍できる子どもに育てたい。そんな願いを持つ親御様は多いだろう。そこでヒントとなるのが、長男をイェール大学、東大にダブル合格、次男を難関国立大学医学部合格に導いた母、小成富貴子さんの教育法。初の著書『究極の育て方』より海外留学のススメを紹介する。

親への感謝が生まれる

 

 

 留学に関しては、「とても心配で手放せない」という親御さまも多いようです。しかし英語を身につけることだけでなく、その子の成長を考えても留学は非常に大きな意味があります。

 わが家の二人の子どもは中学のときに短期留学を数回経験。そして高校1年生の夏から1年間アメリカの高校に留学しました。言葉の壁、文化の違いなどいろいろな苦労を重ねる中で、今までどれだけ愛されてきたのか、ということに気づき、父親への尊敬と母親への感謝の気持ちを持ち帰ってくれました。これはもしかすると、一緒に暮らしていたのでは感じることができなかったものかもしれません。

次のページ留学で友人が3倍になる

KEYWORDS:

オススメ記事

小成 富貴子

こなり ふきこ

上智大学卒業。在学時スペインに1年間留学。クリニック経営やスペイン文化発信など複数の仕事を掛け持つ「働く母」。長男をイェール+東大という日米の最難関大学、次男を難関国立大学医学部に送り込む。他長男は、高校2年生時に世界ディベート大会に出場、高校3年生時に参加した模擬国連世界大会で日本人初の優秀賞を受賞するなど国際大会でも活躍。その2人の息子を育てた独特の教育法は「AERA」「バイキング」でも紹介され話題に。「どこに出しても恥ずかしくない子どもを育てる」「わが子を真の国際人に」という信念のもと、教育の専門家ではない著者がオリジナルな視点で考え、子育てに実践してきた。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-