【ランチタイムは仕事を「忘れる」が正解! 今この瞬間からできるマインドフルネスのススメ】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ランチタイムは仕事を「忘れる」が正解! 今この瞬間からできるマインドフルネスのススメ

自律神経が整えば休まなくても絶好調⑧

ランチタイムもメールチェックや、午後の仕事のことで頭が一杯。そんなビジネスマンは多いだろう。しかし最新刊『自律神経が整えば休まなくても絶好調』(ベスト新書)を上梓した、自律神経研究の第一人者、小林弘幸氏は「ランチタイムは自律神経を整える時間」と言う。そのためには何が何でも仕事を忘れること。

ランチタイムは自律神経を整える時間

 

 午前中にしっかり集中できると、「このまま、この調子で午後も続けてしまおうか」と思うかもしれません。

 しかし、あなたの仕事はその日限りのものではありません。明日も明後日も継続しなければならないのですから無理は禁物。「もっとできそう」というくらいでやめておいて、ライチタイムはしっかり確保しましょう。

 ランチタイムは仕事のことは忘れ、「美味しく食べる」ことに集中しましょう。なにか心配事を抱えながら食べていれば、胃液の分泌も腸の蠕動運動も弱くなり、消化が思うようにいきません。

 また、自律神経を整える上でも、心をあちこちに散らさずに「いま目の前にあるものだけに集中する」ことは重要なのです。

 最近、注目されている心理療法の一つに、「マインドフルネス」というものがあります。

KEYWORDS:

オススメ記事

小林 弘幸

こばやし ひろゆき

1960年、埼玉県生まれ。順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1987年、順天堂大学医学部卒業。1992年、同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任する。自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわる。著書に『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』(サンマーク出版)『自律神経を整える「あきらめる」健康法』(KADOKAWA)『自律神経が整う時間コントロール術』(小学館)『「ゆっくり動く」と人生がすべてうまくいく』(PHP研究所)など多数。


この著者の記事一覧