【絶望から希望へ:神戸刑務所編】「オッサン、75歳にもなるんかいな」塀の中の押し寄せる後期高齢化問題《さかはらじん懲役合計21年2カ月》 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

【絶望から希望へ:神戸刑務所編】「オッサン、75歳にもなるんかいな」塀の中の押し寄せる後期高齢化問題《さかはらじん懲役合計21年2カ月》

凶悪で愉快な塀の中の住人たちVol.29

◼︎関西人独特の〝噛まし〟のパフォーマンス

 新入訓練工場の担当の役割は、懲役を工場へ配役させるまでの2週間の間に、きっちり基礎訓練を叩き込んで仕上げなければならなかった。それができなければ、担当として失格なのである。

 蔵さんのように行進一つできない懲役は、配役になった先の工場で本人が苦労してしまう。その苦労をさせないための指導でもあった。

 新入訓練考査の期間は、どの刑務所でも2週間と決まっている。この間、ボクは『嗚呼!!花の応援団』の漫画の世界のような新入訓練工場で、「ナニワの神戸刑務所」の凄さと、どこか温かみのある面白さを味わったのだった。

 あるとき、工場の中央で基本動作の練習が終わったあと、「できが悪い」と言われて、ボクたちは「休め」の姿勢で立たされていた。

 このときの蔵さんは、オヤジから天下御免の「免罪符」を勝ち取っていた。担当台前の特別席で時折、流れて落ちそうになる鼻水を、擦り切れたチリ紙で拭きながら、〝お日さん、西、西〟で、のんびりと作業をしていた。

 すると、その前で、ギョロリと剥いた目で睨みつけた担当部長が、突然ボクたちに、「お前ら、舐めたらあかんど! なんでそんなことぐらい、ようできんのや! うおりゃー!」と吠え、傍にある机の脚を蹴飛ばした。机の脚はポキリと音を立てて折れ、傾いてしまった。

 担当部長はそんなことにはお構いなしに、ボクたちに向かって、これでもかというほどの恐い顔をつくって、端から一人ひとりの顔を睨みつけた。

 「オイ、経理夫! ハンマー持って来いや!すぐに持って来い!この机、修理せんかい!」
 担当の声が飛ぶ。すると、経理夫が待ってましたとばかりに、すでに用意をしてあったハンマーと釘を手際よく持って駆けつけ、馴れた手つきで折れた机の脚に添え木を当てて、いつものことのように、手早くツギハギだらけの机の脚を修繕してしまった。

 新入が来るたびに、担当は同じ机の脚を蹴飛ばして、新入の毒気を抜き取るための〝噛まし〟のパフォーマンスを演じていたのである。ボクはこんな面白いショートコントに、関西人の面目躍如たる気質を見せられた思いがした。

 

『ヤクザとキリスト〜塀の中はワンダーランド〜つづく)

KEYWORDS:

 2020年5月27日『塀の中のワンダーランド』
全国書店にて発売!

 新規連載がはじまりました!《元》ヤクザでキリスト教徒《現》建設現場の「墨出し職人」さかはらじんの《生き直し》人生録。「セーラー服と機関銃」ではありません!「塀の中の懲りない面々」ではありません!!「塀の中」滞在時間としては人生の約3分の1。ハンパなく、スケールが大きいかもしれません。

 絶望もがむしゃらに突き抜けた時、見えた希望の光!

 「ヤクザとキリスト〜塀の中はワンダーランド〜」です。

オススメ記事

さかはら じん

さかはら じん

1954年生まれ(本名:坂原仁基)、魚座・O型。埼玉県本庄市生まれの東京育ち。幼年 期に母を亡くし、兄と二人の生活で極度の貧困のため小学校1カ月で中退。8歳で父親に 引き取られるも、10歳で継母と決裂。素行の悪さから教護院へ。17歳で傷害・窃盗事件を 起こし横浜・練馬鑑別所。20歳で渡米。ニューヨークのステーキハウスで修行。帰国後、 22歳で覚せい剤所持で逮捕。23歳で父親への積年の恨みから殺害を実行するが、失敗。 銃刀法、覚せい剤使用で中野・府中刑務所でデビューを飾る。28歳出所後、再び覚せい剤 使用で府中刑務所に逆戻り。29歳、本格的にヤクザ道へ突入。以後、府中・新潟・帯広・神戸・ 札幌刑務所の常連として累計20年の「監獄」暮らし。人生54年目、獄中で自分の人生と向き合う不思議な啓示を受け、出所後、キリスト教の教えと出逢う。回心なのか、自分の生き方を悔い改める体験を受ける。現在、ヤクザな生き方を離れ、建築現場の墨出し職人として働く。人は非常事態に弱い。でもボクはその非常事態の中で生き抜いてきた。

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

塀の中はワンダーランド
塀の中はワンダーランド
  • じん, さかはら
  • 2020.05.27