「南国亭」でエビと玉子のチリソース煮定食 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「南国亭」でエビと玉子のチリソース煮定食

プリプリのエビと玉子でご飯がすすむ!

暑いな~。

こんなときは中華でも食べて元気を出そうと思い、
久々に明治通りの渋谷にほど近いところにある南国亭にきた。

▲「南国亭」は随分と久しぶりだ

 

 

 

 

 

 

 

ここは地下一階にあり、ご飯、スープ、
ザーサイのお代わりができる上に
13時以降入店の場合は飲み物もおまけでつくのであった。

▲ランチは税込みだと820円になる。 11時~15時までがランチタイム。長いのもいい。

 

 

 

 

 

 

 

ということで、14時に入店すると、まだわりと混んでいる。
店内は禁煙と喫煙に分かれているので、
案内されて禁煙席に行くと、ここは女子ばかりだった(笑)。
空いていた隅っこのテーブルに座り、
メニューを見て何にしようかと思案する。

そうだ、今日はエビを食べよう。

ということで、「エビと玉子のチリソース煮」にしよう。
820円。
飲み物はアイスコーヒーにしてもらって
先に持ってきてもらおう。
注文すると、すぐにアイスコーヒーがやってきた。

デカイな。さっさと飲みたくなるが、
写真をとりたいのでちょっと我慢していると、定食も登場。
これはおいしそうだ。
ザーサイだけではなくネギの載った冷奴もついているんだね。
まずはスープからいただこう。
これはコーンと玉子のスープだ。
これを飲むと心がなんだか落ち着くなあ。
落ち着いたところでエビ玉子にチャレンジ。
量はたっぷりだ。
エビのプリプリと玉子のやさしい味わいを
甘辛のチリソースでくるんであって、こりゃご飯が進むわ。

▲かなりのボリュームランチとなったよ

 

 

 

 

 

 

 

▲おかず力爆発のエビ玉子!

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、この店はご飯もおいしいんだよね。

かくして一杯目をすぐに食べ終えてしまい、
二杯目をもらうべく、ライスバーのところへと出かけたのであった。

ちなみに、ライスバーコーナーには、
スープ、ザーサイ、そして切り昆布の漬物もあったのだった
(それも少しいただいた。なんとニンニクが効いていた)。
それにしても、さすがに2杯昼間から食べると
おなか一杯になっちゃったね。

オススメ記事

今 柊二

こん とうじ

1967年愛媛県生まれ。定食評論家。

首都圏をはじめ全国の定食屋・立ちそば屋を訪ね歩き、

調査・研究を行っている。著作に『定食ニッポン』『立ちそば大全』(ともに竹書房)、『定食バンザイ!』(ちくま文庫)、『定食学入門』(ちくま新書)『定食と文学』(本と雑誌社)、『旨い定食 途中下車』(光文社新書)等多数。


この著者の記事一覧