【日本復活への道は「官僚」にあり。政治主導の意味を履き違えている】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

日本復活への道は「官僚」にあり。政治主導の意味を履き違えている

田母神俊雄が「獄中ノート」で記した「日本の敵」論考 第4回

「閣下」の愛称でおなじみの田母神俊雄は2016年4月14日に逮捕され、厳しい取り調べを受け、東京拘置所で169日間勾留された。その時に田母神がメモし、熟成された論考が、最新刊『日本の敵』(KKベストセラーズ)で著された。閣下は獄舎で何を思ったのか。獄中ノートとともに掲載する。

戦争の定義が「情報戦」に変わった!

 例えば、敵を倒すにはどうすればいいか。手っ取り早い話、戦争。互いに武力で殲滅し合う実力行使。確かに、70年前までは戦争が外交の「カード」になったろう。

 しかし今や、核武装が当たり前の時代、戦争の持つ意味が変わりかけている。田母神はこう語る。

「中国が尖閣の海に入ったことをニュースで煽り、日本国民を不安にする。その解決策は簡単なことだ。領海侵犯なので、1隻沈めちゃえばいい。いやむしろ、それが日本ができないことを知っているからやり続ける。北朝鮮のミサイルもそう。金正恩も一国の領主。バカや狂人ではトップは務まらない。ミサイルは日本に撃つはずがない」とし、ここが重要だと力説。

「今、戦争の意味は“情報戦”の時代に変わっている。例えば、北朝鮮のミサイルが落ちると日本国民を不安がらせて、どんな既成事実が作られるのか。つまり、北朝鮮のミサイルを迎撃する兵器の装備の急務です。つまり、誰が得するのか、アメリカの軍需産業ですよ」

 なるほど。戦争の定義が変わった。今や、情報戦の時代。だとしたら、国内政治ではどんな情報戦が仕掛けられたのだろうか。

 田母神の獄中ノートにこう記されている。

次のページ獄中ノートへ

KEYWORDS:

オススメ記事

田母神俊雄

たもがみ としお





1948年、福島県郡山市生まれ。



71年、防衛大学電気工学科(第15期)卒業後、航空自衛隊に入隊。



地対空ミサイルの運用幹部として部隊勤務10年。



統合幕僚学校長、航空総隊司令官などを歴任。



2007年、第29代航空幕僚長に就任。約5万人の空自トップとなる。



08年10月31日、民間の懸賞論文へ応募した作品(「日本は侵略国家であったのか」)が



政府見解と異なり、幕僚長を更迭。



同年11月3日付で定年退職。



その後は執筆・講演活動で活躍しながら自らの信念を実現すべく政治に参画。



14年2月9日、東京都知事選挙に立候補するも4位落選(61万865票)。



同年12月14日、第47回衆議院選挙に立候補し落選。



16年4月14日、「2年前」の都知事選における公職選挙法違反容疑で逮捕。



検察の厳しい取り調べを受け、東京拘置所に勾留169日間。



「無罪」を訴え、法廷闘争を繰り広げる。



17年5月22日、東京地裁にて有罪判決。



同年6月2日、東京地裁の判決を不服として東京高裁に控訴。



著書に『自らの身は顧みず』(WAC)、『田母神塾』(双葉社)、



『田母神大学校』(徳間書店)、『田母神俊雄の戦争論』(電波社)など多数。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

日本の敵
日本の敵
  • 田母神 俊雄
  • 2017.06.24