【大統領選で見せたヒラリー氏のフェアプレイ】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

大統領選で見せたヒラリー氏のフェアプレイ

グローバリズムの終焉Ⅰ日本が“真”の独立をするときが来た①

トランプ政権発足、イギリスのEU離脱。2016年の二つの出来事は「グローバリズム」の敗北であり、「ナショナリズム」の勝利である。『グローバリズムの終焉「日本再発見」講座Ⅱ』を刊行、馬渕睦夫氏がグローバリズムの欺瞞と危険性を暴く!

アメリカ政治のフェアプレイ精神

 今考えると、日本時間で2016年11月9日(アメリカ時間では11月8日ですが)は、歴史に残る日になったと思います。その日、アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプ氏が勝利しました。しかも快勝でした。ある意味でアメリカにはまだ健全な精神が残っているのを感じました。それは、アメリカでは敗北宣言をするという慣習がまだあったということです。

 2000年の大統領選挙では、アル・ゴア民主党候補がフロリダの票の数え方に問題があったと言って、敗北宣言を出しませんでした。それでなかなか決まらなかったことがあります。

 極論すれば、アメリカでは「当確」が出ようが出まいが、どちらかの候補が敗北宣言をしたら、それで大統領は決まるのです。

 私は「すでに結果は出ているのに、なぜメディアは当確を出さないのか」と思いながらCNNテレビの中継を見ていましたが、あとでその理由がわかりました。つまり、ヒラリー・クリントン候補が当確の出る前に敗北を宣言する(つまり、トランプ候補に電話をかけて祝福するという)「儀式」が残っていたわけです。

 ヒラリー候補はもう負けは覚悟していたのですが、当確が出てから「負けました」と言ったのでは儀式にならない。だから政治家としての最後の矜持だったと思います。プライドだったと思います。それを与える時間だったのではないかと、私は好意的に解釈しています。

 そのうち、ヒラリー候補がトランプ候補に祝福の電話をかけたという速報が流れました。さすがにヒラリー候補も支持者の前では敗北宣言はできなかったのでしょう。側近が民主党の支持者に対して、「今日はもうお帰りください」と言って帰らせたそうです。それが事実上の敗北宣言でした。本来なら、そこに出てきて敗北宣言するほうがもっと潔かったと思いますが、さすがにそこまではできなかったのかもしれません。

 いずれにしてもヒラリー氏が敗北宣言をした段階で、トランプ氏の勝利が事実上確定したわけですが、私はアメリカ政治の、ひとつの「フェアプレイ」を見た気がいたしました。

 今までの2人の中傷合戦というのは、とてもフェアプレイとは縁遠いものでしたから。最後の最後で、何とかフェアプレイで終わらせたということが、アメリカの今後にいい影響を与えることになるのではないかという感想を私は持ちました。

〈『グローバリズムの終焉「日本再発見」講座Ⅱ』より構成〉

KEYWORDS:

オススメ記事

馬渕 睦夫

まぶち むつお

元駐ウクライナ兼モルドバ大使、元防衛大学校教授、現吉備国際大学客員教授。

1946年京都府生まれ。京都大学法学部3年在学中に外務公務員採用上級試験に合格し、1968年外務省入省。

1971年研修先のイギリス・ケンブリッジ大学経済学部卒業。2000年駐キューバ大使、2005年駐ウクライナ兼モルドバ大使を経て、2008年11月外務省退官。

 同年防衛大学校教授に就任し、2011年3月定年退職。2014年4月より現職。

 金融、財政、外交、防衛問題に精通し、積極的な評論、著述活動を展開している。

 著書に、『国難の正体』(総和社)、『世界を操る支配者の正体』(講談社)、『日本「国体」の真実』(ビジネス社)、『そうか、だから日本は世界で尊敬されているのか! 』(ワック)などがある。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

グローバリズムの終焉 「日本再発見」講座II
グローバリズムの終焉 「日本再発見」講座II
  • 馬渕 睦夫
  • 2017.04.21