西洋文明が生まれる遥か前から、日本には「民主主義」の精神があった! | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

西洋文明が生まれる遥か前から、日本には「民主主義」の精神があった!

日本を‘’再発見‘しよう!

「日本型民主主義」を世界へ

 国家というのは、物理的な戦争によって滅ぶ場合ももちろんあります。しかし、それ以前に「精神的に内部から崩壊してしまう」―。そういうこともあると、世界の歴史を見た場合に言うことができるでしょう。

 私たちは、「日本人とは何か」ということをもう一度再認識しなければなりません。その時間はギリギリのところまできていると思います。私流に申し上げれば、もう世界的な規模で「戦争」は始まっています。したがって、私たちが今ここで“精神の再武装”をしなければ、日本が世界の戦争に巻き込まれてしまうのです。

 戦争や紛争は、日本を放っておいてはくれません。「戦争反対!」「平和が大切!」と叫べば、戦争が近づいてこないと思っている人もいるわけですが、とんでもないことです。すでに戦争は、日本の国境まで近づいてきているのです。

 いや、もっと言えば、日本はもう「戦争」に巻き込まれています。日本国内における日々のニュースを見ていても、すでに日本の秩序は揺らいでいます。日本の内部から崩壊し始めています。ですから、「日本は世界的な大混乱の中に巻き込まれている」と言っても決して大げさではありません。

 私たちは、あまりにも“物質主義的”な見方に取り込まれてしまっています。これは日本だけではなく、世界的に言えることです。これほどまでの「負のグローバル化」を生んだ原因は、日本人も含め、世界の人々が、あまりにも「物質的な発想」に凝り固まってしまったということではないでしょうか。

 その具体例が、「マネー(お金)の力」であり、「西洋型民主主義」です。

 そのマネーの力に対する信奉、西洋型民主主義に対する信奉というものを、私たちはあまりにも無批判に受け入れてしまっています。それが、現在の“世界的混乱”という(やまい)の根源です。

 しかし私は、今ならまだ間に合うと考えています。その治療薬のひとつが、「日本型民主主義」=「和の国・日本の民主主義」なのです。

まず、私たち日本人自身が、日本古来の民主的な考えや行いを再発見することが大切です。そして、その“和の国・日本の民主主義”を世界へ発信していくのです―。

 

(『和の国・日本の民主主義』馬渕睦夫/著より)

オススメ記事

馬渕 睦夫

まぶち むつお

元駐ウクライナ兼モルドバ大使、元防衛大学校教授、現吉備国際大学客員教授。

1946年京都府生まれ。京都大学法学部3年在学中に外務公務員採用上級試験に合格し、1968年外務省入省。

1971年研修先のイギリス・ケンブリッジ大学経済学部卒業。2000年駐キューバ大使、2005年駐ウクライナ兼モルドバ大使を経て、2008年11月外務省退官。

 同年防衛大学校教授に就任し、2011年3月定年退職。2014年4月より現職。

 金融、財政、外交、防衛問題に精通し、積極的な評論、著述活動を展開している。

 著書に、『国難の正体』(総和社)、『世界を操る支配者の正体』(講談社)、『日本「国体」の真実』(ビジネス社)、『そうか、だから日本は世界で尊敬されているのか! 』(ワック)などがある。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

世界最古にして、最先端―和の国・日本の民主主義 「日本再発見」講座
世界最古にして、最先端―和の国・日本の民主主義 「日本再発見」講座
  • 馬渕睦夫
  • 2016.09.24