【「アントラーズにリベンジを」。遠藤航が感じる手応え】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「アントラーズにリベンジを」。遠藤航が感じる手応え

キャンプでの成果とゼロックスでアントラーズに果たすリベンジ

■監督が発した初めての言葉「結果にこだわる」

 昨シーズン僕たちレッズは、「負け」でシーズンを終えてしまいました。屈辱を味わわされた相手が、チャンピオンシップ決勝で戦った鹿島アントラーズ。そして、2017シーズン、最初のタイトルを争う試合が、富士ゼロックス・スーパーカップで戦う鹿島アントラーズになります。

 「結果にこだわって」借りを返すことで、サポーターのみなさんにキャンプの成果を披露し、2017シーズンも安心して応援をしてもらえるようなサッカーを見せたいと思っています。

 

「結果にこだわる」

 これは僕だけでなく、チームに共通した思いです。

 キャンプ中のミーティングで、ミシャ監督が、

「内容ももちろんそうだけれど、結果を求める。ACLのタイトルとリーグ戦のタイトルをとる」

 という話をされました。僕は去年しか知らないのですが、はっきりとそういうことを言われたのは初めてのことでしたし、実際、キャンプの段階からみんなの前でこういう話をしたのは初のことだったそうです。

 もちろんチームは毎シーズン、「結果」への思いを強く持っています。でも、これまでその「結果」が出てこなかった。

 ミシャ監督の言葉には「やり方を変えていくよ」というメッセージがあるような気がしています。いつも選手のことを考え、気持ちよくプレーができる環境を作ろうとしてくれる監督ですが、これからは「勝つためならば、ときにプレッシャーをかけるよ」、と。

 キャンプ中もそんな姿勢が垣間見られるシーンがいくつかありました。

遠藤航連載:世界への大航海「浦和の兄貴」とは誰?

 絶対的な選手でもコンディションが良くなければ使わない、と選手に発破をかけて、試合でも大胆なメンバー選考をする。選手にとっては、いい意味でのプレッシャーになり、それがチーム全体にピリッとしたいい雰囲気をもたらしています。こういう中で日々、練習ができていれば、自然と個々の自覚も生まれ、チャンピオンシップのような大事な試合でもプレッシャーに負けることはないだろう、と思えます。

「今年は動けている」と話す選手が多いのは、その一つの成果ではないでしょうか。

 
次のページ■新加入がもたらす「危機感」

KEYWORDS:

オススメ記事

遠藤 航

えんどう わたる

浦和レッズ

1993年2月9日生まれ。神奈川県横浜市出身。

2008年に湘南ベルマーレユースへ加入すると、2010年には2種登録選手としてJ1で6試合に出場し1得点。翌年に、正式にトップチームへ昇格、主にセンターバックとして活躍する。各年代の日本代表にも招集され、リオ五輪を目指すU-23代表では主将を務め、リオ五輪代表出場権を勝ち取った。2016年シーズンより浦和レッズに移籍。



オフィシャルブログ http://lineblog.me/endowataru/

ツイッター @wataru0209


この著者の記事一覧