【お正月の暴飲暴食でメタボ腹…どうして「糖質」を摂ると太るのか】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

お正月の暴飲暴食でメタボ腹…どうして「糖質」を摂ると太るのか

糖尿病専門医・牧田善二氏が、巷に広がる「糖質制限」の誤解を解く!!

年末年始に食べ過ぎてしまい、「糖質制限をしてやせなきゃ…」と焦っている方も多いのでは? そもそも、糖質制限をするとどうしてやせるのでしょうか。意外と知られていない「糖質」の基本について『日本人の9割が誤解している糖質制限』(牧田善二・著、ベスト新書)より解説します。

◆「糖質」にもいろいろある

 

 糖質制限がダイエットや血糖値コントロールに効果があるということを、知っている人は増えた。しかし、「どうして効果があるのか」を本質的に理解している人は多くない。

 そもそも「糖質制限」という表現自体、最初はいろいろ誤解を招いた。「甘いものを摂らないようにすればいいのでしょう」と考える人が多かったのだ。しかし、甘くないものにも糖質はたっぷり含まれている。例えばご飯やパン、?類などの主食がそうだ。

 ここで、「糖質」について、一通りおさらいしておこう。ちょっと堅苦しい話になるが、我慢しておつき合いいただきたい。

 まず、「糖質」には、次の四つの形がある。

1.単糖類

 ブドウ糖と果糖がこれにあたる。血糖値とは、これらが血液中にどれだけあるかを示している。

2.二糖類

 単糖が二つ結合したもので、代表的なのが砂糖。乳糖も二糖類だ。

3.オリゴ糖類

 単糖が三~一〇個程度結合したもの。

4.多糖類

 単糖が一〇個以上結合したもの。ご飯、パンの糖質は多糖類である。

 ここで、「多糖類というのは、単糖類よりも糖分が多いの?」と考えてしまう人もいるかもしれない。そうではない。あくまで分子構造を表しているにすぎない。

 血糖値を上げるなど悪い作用について、結論から言うと、「簡単に単糖類に分解される構造のもののほうが悪い」ということになる。つまり、多糖類であるご飯やパンは分解に時間がかかるから、糖質の中ではいいほうなのだ。

 一方、とくに過剰摂取の問題を引き起こしやすいのが、単糖類と二糖類だ。これらは、摂取するとすみやかに腸から吸収される。そして一気に血糖値が上昇し、インスリンが分泌される。そのため過剰に摂取すると膵臓を弱らせ、糖尿病になりやすい、という危険性がある。なかでも砂糖は、単糖類であるブドウ糖と果糖が結合した形になっており、最悪と言える。

 砂糖がたっぷり入った清涼飲料水などをがぶ飲みすれば、すぐにブドウ糖と果糖が血中に溢れ血糖値は一気に上がる。

 多糖類も、最終的にはすべて単糖類であるブドウ糖に分解される。ただし、分解に時間がかかるため、食べてからの血糖値の上昇やインスリンの分泌は比較的穏やかだ。

次のページ人は糖質を摂ると幸せを感じる

KEYWORDS:

オススメ記事

牧田 善二

まきた ぜんじ

日本人の9割が誤解している糖質制限

好評発売中!




37年のキャリアをもつ専門医が警告!

日本中に蔓延してしまった「糖質制限」の誤解を解き、正しい知識と活用法を最新医学の観点から解説します。



糖尿病専門医。AGE牧田クリニック院長。1979年、北海道大学医学部卒業。地域医療に従事したあと、米国ロックフェラー大学医生化学講座などで糖尿病合併症の原因であるAGEの研究を約5年間行う。北海道大学医学部講師、久留米大学医学部教授を歴任し、2003年に東京・銀座に「AGE牧田クリニック」を開設。これまでにのべ20万人の患者を診ている。著書に「糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい」(講談社+α新書)、「人間ドックの9割は間違い」(幻冬舎新書)など多数がある。



 


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

日本人の9割が誤解している糖質制限 (ベスト新書)
日本人の9割が誤解している糖質制限 (ベスト新書)
  • 牧田 善二
  • 2016.05.10