安倍政権という泥船から逃げ出す国賊たち ─新型コロナウイルスは総理大臣に忖度しない─ |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

安倍政権という泥船から逃げ出す国賊たち ─新型コロナウイルスは総理大臣に忖度しない─

新型コロナウイルスは総理大臣に忖度しない②

 新型コロナウイルスは総理大臣に忖度しない。そして現在の日本が三流国家になってしまったという事実を誰の目にも明らかにしてしまった。政府の対応は後手後手で、海外メディアからも叩かれる始末。支持率も急降下中。周辺の熱烈な応援団も泥船から逃げ出した。そこから見えて来たのは「今だけ」「カネだけ」「自分だけ」といった思考停止した連中の利権構造だった。安倍政権の危険性を当初の段階から鋭く指摘してきた作家適菜収氏が新刊『国賊論〜安倍晋三と仲間たち』で、その背景をすべて暴く‼️

■騙された国民だけが悪いのではない。メディアが腐り果てているのだ

安倍政権のコロナ対策を批判し、真っ先に泥船から逃げ出したのは、安倍ヨイショライターの百田尚樹先生だった。(写真:アフロ)

 国内で新型コロナウイルスの感染1例目が判明してから約3カ月。安倍政権が打ち出したのは「全世帯に布マスク2枚配布」だった。各家庭に布マスクを送るために、どれだけの人の手間がかかるのか。駆り出される配達員のことも考えていない。天下の愚策である。

 こうした中、安倍礼賛を続けてきた自称「保守」たちが泥船から逃げ出し始めた。百田尚樹は、布マスク2枚配布に「なんやねん、それ」「アホの集まりか」とツイートしていたが、その「アホの集まり」をヨイショし売国・壊国に加担にしてきた自分のアホさ加減を先に恥じたほうがいい。

「泥船逃げ出し系」の連中の言い訳は「これまでの安倍の判断は間違っていないが、コロナ対策で間違った」というものが多い。しかし、まともな判断をしてきた人間が、いきなり大きく間違うわけがない。この7年間、外交、国政、一貫してすべて判断を間違えてきたのである。その結果が今の惨状だ。

 それでも安倍を支持する人々がいる。
現実が見えていないのだ。
しかしこれは彼らの責任とばかりは言えない。
国民を騙すメディアが腐っているのだ。

 『プロパガンダ 広告・政治宣伝のからくりを見抜く』(A・プラトカニス/E・アロンソン著 という本がある。刊行された1998年の段階で、《アメリカ政府は自国に有利なプロパガンダを作り出すために8000人以上の人間を雇っているが、その費用は年間400億円に達する。その結果、1年間に90本の映画が製作され、22カ国語で12種類の雑誌が発行されている。ボイス・オブ・アメリカは37カ国語で800時間にわたり番組を放送し、推定7500万人がこれを聴いている。これらが、すべてアメリカのやり方の正当性を主張するために使われているのである》。

 どこの国でも事情は同じだ。日本も広告会社によるマーケティングとプロパガンダで政治が動いている。その背景にはニヒリズムがある。議論によって相手を説得し、合意形成を目指すよりも、社会に一定の割合で存在するバカの動向をマーケティングで探り、プロパガンダにより「ふわっとした民意」をすくい上げたほうが手っ取り早いと考える連中が、政権中枢にもぐり込んだ。これを露骨にやったのが小泉政権におけるB層(=構造改革に肯定的なバカ)戦略だった。騙すバカと騙されるバカの自転車操業。こうした平成の30年間にわたる政治の劣化と制度破壊の成れの果てが安倍政権だったのだと思う。

次のページ強大な権力が情報を押し付けても無駄である

KEYWORDS:

適菜収氏の最新著書『国賊論』は現在、ネット書店で手にいれづらくなっております。こちらで購入が可能です。

 

 【URL】https://bestsellers.official.ec/items/28386342

オススメ記事

RELATED BOOKS -関連書籍-

日本共産党政権奪取の条件
日本共産党政権奪取の条件
  • 収, 適菜
  • 2019.07.08