安倍晋三首相は理解していない!<br />トランプ大統領が誕生する<br />「民主主義の本質」について |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

安倍晋三首相は理解していない!
トランプ大統領が誕生する
「民主主義の本質」について

作家・哲学者の適菜収が「安倍政権の無能と欺瞞」を討つ!

トランプと渡り合えるのか? わが国の総理大臣安倍晋三。

安倍でもわかる民主主義と議会主義のお話

 現在、わが国で「民主主義」と呼ばれているものは、正確には「議会主義」です。

 議会主義(間接民主主義)と民主主義は別物です。

 選択原理が働く代議制は貴族政に分類されます。要するに、単なる多数決原理ではなくて知性を介在させるわけですね。

 議会では、熟議、合意形成、利害調整が重視されなければならない。

「民主主義は小国では可能だが、人口の多い大国には向いていない」「全員参加の政治は不可能だから、選挙による代議制を選択するしかない」という説明がよくあります。

 でも、それは違います。

 インターネットが進化した現在では、「全員参加の政治」は技術的に可能かもしれない。それをやらないのは、民主主義が根本的に間違っているからです。

 民主主義の起源は、古代ギリシャの一部(アテネなど)で行われていた民主政です。そこでは民衆に市民権が与えられ、民会と呼ばれる議場に有権者が直接参加しました。また、民衆裁判所が設置され、くじで選出された陪審員が裁判を行った。

 この民主政を全否定したのが当時の賢人でした。

 ソクラテス(紀元前四六九頃~紀元前三九九年)もプラトン(紀元前四二七~紀元前三四七年)も、政治は賢者が行うべきだと説きました。

 民衆支配が始まれば、世論を動かすデマゴーグが活躍します。

 アテネの衆愚政治化は必然でした。

次のページ民主主義はアナーキズムと同様、狂気のイデオロギーに分類されていた…

KEYWORDS:

オススメ記事

適菜 収

てきな おさむ

1975年山梨県生まれ。作家。ニーチェの代表作『アンチクリスト』を現代語にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』、『小林秀雄の警告 近代はなぜ暴走したのか?」(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(講談社)、中野剛志・中野信子との共著『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』(文春新書)、『遅読術』、『安倍でもわかる政治思想入門』、清水忠史との共著『日本共産党政権奪取の条件』(KKベストセラーズ)など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。https://foomii.com/00171


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

安倍でもわかる政治思想入門
安倍でもわかる政治思想入門
  • 適菜 収
  • 2016.11.16