安倍晋三首相は理解していない!<br />トランプ大統領が誕生する<br />「民主主義の本質」について |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

安倍晋三首相は理解していない!
トランプ大統領が誕生する
「民主主義の本質」について

作家・哲学者の適菜収が「安倍政権の無能と欺瞞」を討つ!

 一方、「民主主義」が人類の歴史に登場するのは一八世紀のことです。

 紀元前に発生した古代ギリシャの民主政が単なる政治制度だったのに対し、民主主義はキリスト教から派生したイデオロギーです。ジャン=ジャック・ルソー(一七一二~七八年)らに代表される近代啓蒙思想家は、自然権(人間が生まれつき持つ普遍的権利)なる概念をもとに人民主権を唱えます。自由、平等、人権といった諸価値は次々と神格化されていく。

 それがフランス革命などの蛮行として現れたのは周知のとおりです。

 フランス革命下においては、理性が神の位置に押し込まれた。

 マクシミリアン・ロベスピエール(一七五八~九四年)は、一七九四年六月八日、テュイルリー宮殿で「最高存在の祭典」を開きます。理性により社会を合理的に設計することを宣言したわけですね。ロベスピエールは「神が存在しないなら、発明する必要がある」と言いましたが、こうして理性は万能のものとして祭り上げられた。

 その結果、発生したのは地獄です。

 歴史家のモーゼス・フィンリー(一九一二~八六年)も指摘するように、民主主義が危険なイデオロギーであることは西欧では常識でした。だから、しばらく前までは、民主主義はアナーキズムと同様、狂気のイデオロギーに分類されていたのです。

次のページ一院制を唱えるような人間(たとえば安倍)は、文明社会の成員の資格を欠いている…

KEYWORDS:

オススメ記事

適菜 収

てきな おさむ

1975年山梨県生まれ。作家。ニーチェの代表作『アンチクリスト』を現代語にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』、『小林秀雄の警告 近代はなぜ暴走したのか?」(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(講談社)、中野剛志・中野信子との共著『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』(文春新書)、『遅読術』、『安倍でもわかる政治思想入門』、清水忠史との共著『日本共産党政権奪取の条件』(KKベストセラーズ)など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。https://foomii.com/00171


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

安倍でもわかる政治思想入門
安倍でもわかる政治思想入門
  • 適菜 収
  • 2016.11.16