【佐藤健志】最強のコロナ対策は、対策を緩めることだ!〈令和の真相39〉 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

【佐藤健志】最強のコロナ対策は、対策を緩めることだ!〈令和の真相39〉

佐藤健志「令和の真相」39

岸田文雄首相は2月2日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言の発令について「今の時点では検討していない」と述べた。

◆オミクロンがくつがえしたもの

 

 新型コロナウイルスのオミクロン株による急速な感染拡大、いわゆる第六波の勢いがなかなか止まりません。

 沖縄・広島・山口には1月9日よりまん延防止等重点措置が適用されましたが、1月21日になると、東京、群馬、埼玉、千葉、神奈川、新潟、愛知、岐阜、三重、香川、長崎、熊本、宮崎の1都12県でも適用されることに。

 1月27日、北海道、大阪府、京都府など1道2府15県が続きます。

 

 2月5日にはさらに和歌山が加わる。

 東京など1都12県の重点措置は2月13日までとなっているものの、これについても延長論が出ています(2月3日現在)。

 

 オミクロンの感染拡大については、急速に進むかわり、収束も早いという予測がある。

 「8割おじさん」こと、京都大学の西浦博教授もこの意見。

 2020年、コロナ感染拡大の第一波が到来したとき、対人接触を8割減らすよう提唱したのでこう呼ばれます。

 

 くだんの予測が正しければ、第六波は短期間の辛抱ですみそう。

 ただしこれは、ピーク時のインパクトが強烈なものとなることも意味します。

 西浦教授の表現ではありませんが、「ものすごい規模のものが一瞬でドンと訪れる」。

 ついでに第六波が、コロナに関する従来の通念をくつがえした点も見過ごせません。

 

 新しい感染症が広まったとき、人々がまず注目するのは、それによって死者がどれくらい出るか。

 コロナで言えば、肺炎が重症化するリスク、ひいては肺炎で亡くなるリスクになります。

 

 オミクロンは重症化率が低い。

 ワクチン接種をすませ、効力が持続していればとくにそうです。

 だったら感染が拡大したところで、重症者・死者の数は相対的に少なくてすむ。

 

 これを根拠に「オミクロン、恐るるに足らず」とする主張が、わが国でもけっこう見られました。

 重症化率が低いのは、ウイルスが毒性を弱めはじめたことの表れであり、すなわちパンデミック終息の兆しではないかとする見解も登場。

 

 後者の見解は、じつは正しい可能性もあります。

 けれども前者はみごとにハズれました。

 重症化率が低いかわりに、オミクロンは感染力が強かったのです。

 

 そして軽症者でも、症状によっては社会経済活動がしばらくできなくなってしまうんですね。

 高熱が出たり、全身がだるくなったりするんですから。

 無症状者や濃厚接触者であろうと、感染を拡大させないよう、一定期間の隔離は不可避。

 

 毒性が弱まったところで、感染力が強ければ社会の基盤は揺らぐのです!

 沖縄など118日の時点で、すでに綱渡り状態でした。

 濃厚接触者にたいする行政のPCR検査が1週間待ちで、那覇市内の幼稚園や保育園の6分の1 は休園した(112日時点)と伝えられます。

 

 「弱まった」と言っても、インフルエンザなどに比べれば、新型コロナはまだまだずっと危険。

 それも呼吸器に限った話ではない。

 「オミクロンのもとで経済を回す方法」で述べたとおり、軽症、ないし無症状の場合でも、心臓、腎臓、脳を含めた他の臓器に損傷を与えるリスクがあります。

 

 要するにオミクロン、「毒性が弱まる=怖がらなくてよい(社会に与える影響は小さい)」という通念を否定したのですよ。

 となると、パンデミックが終息に向かいだしても気は抜けないことに。

 ウイルスのほうが、こちらより一枚上手(うわて)な感じですが・・・

 

 人間も愚かではない。

 感染急拡大にもビクともしない、最強のコロナ対策があるのです。

 以下、ご紹介しましょう。

 

次のページ最強対策の前提と効能

KEYWORDS:

【お知らせ】

 きたる2022212日(土)、「経世済民に貢献するコロナ観とは何か」をテーマとしたオンライン読書会を開催します。

 題材として取り上げるのは、1978年に刊行され、アメリカ人の病気観を変えたスーザン・ソンタグの名著『隠喩としての病い』。

 お申し込みは下記URLからどうぞ!

 期間限定の割引価格でご参加いただけます。

 ↓ ↓ ↓ 

 「佐藤健志のオンライン読書会 READ INTO GOLD 黄金の読書体験」

 第3回 隠喩としての病い

   https://pages.keieikagakupub.com/satobc-v3_54-tw/

 ※特別動画「隠喩の持つ力とリスク 〜コロナから信用貨幣まで〜」もご覧になれます。

※上のカバー画像をクリックするとAmazonサイトにジャンプします

オススメ記事

佐藤 健志

さとう けんじ

佐藤健志(さとう・けんじ)
 1966年、東京生まれ。評論家・作家。東京大学教養学部卒業。
 1989年、戯曲『ブロークン・ジャパニーズ』で、文化庁舞台芸術創作奨励特別賞を当時の最年少で受賞。1990年、最初の単行本となる小説『チングー・韓国の友人』(新潮社)を刊行した。
 1992年の『ゴジラとヤマトとぼくらの民主主義』(文藝春秋)より、作劇術の観点から時代や社会を分析する独自の評論活動を展開。これは21世紀に入り、政治、経済、歴史、思想、文化などの多角的な切り口を融合した、戦後日本、さらには近代日本の本質をめぐる体系的探求へと成熟する。
 主著に『平和主義は貧困への道』(KKベストセラーズ)、『右の売国、左の亡国 2020s ファイナルカット』(経営科学出版)、『僕たちは戦後史を知らない』(祥伝社)、『バラバラ殺人の文明論』(PHP研究所)、『夢見られた近代』(NTT出版)、『本格保守宣言』(新潮新書)など。共著に『対論「炎上」日本のメカニズム』(文春新書)、『国家のツジツマ』( VNC)、訳書に『[新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき』( PHP研究所)、『コモン・センス 完全版』(同)がある。『[新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき』は2020年12月、文庫版としてリニューアルされた(PHP文庫。解説=中野剛志氏)。
 2019年いらい、経営科学出版よりオンライン講座を配信。『痛快! 戦後ニッポンの正体』全3巻に続き、現在は『佐藤健志のニッポン崩壊の研究』全3巻が制作されている。

 

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

感染の令和: またはあらかじめ失われた日本へ
感染の令和: またはあらかじめ失われた日本へ
  • 佐藤健志
  • 2021.12.22
平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路
平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路
  • 佐藤 健志
  • 2018.09.15
[新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき (PHP文庫)
[新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき (PHP文庫)
  • エドマンド・バーク
  • 2020.12.02