【佐藤健志】オミクロンのもとで社会の基盤が揺らぐ構造〈令和の真相38〉 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

【佐藤健志】オミクロンのもとで社会の基盤が揺らぐ構造〈令和の真相38〉

佐藤健志「令和の真相」38

 

◆重症化率は低い、だが・・・

 

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」は、感染力が強いかわりに、重症化率は低いとされています。

 この場合の「重症化」とは、呼吸器の疾患、わけても肺炎が悪化し、生命に関わりかねない事態になるという意味。

 

 今回のパンデミックによる死者は、統計サイト「Worldometer」によれば、2022113日の時点で約554万人。

 これは公式に集計できた人数であり、実際の死者数は2倍から3倍に達すると見積もられています。

 

 ゆえに重症化率が低いのは、それ自体としては朗報。

 そのためか、一部では「オミクロン、恐るるに足らず」という楽観論が台頭するにいたりました。

 

 もっともな発想です。

 ただし、以下の条件が満たされていれば。

 

(1)医療の逼迫、さらには医療崩壊といった事態は、重症者の増加以外の原因では起きないと考えてよい。

(2)新型コロナウイルス感染症が、呼吸器以外の臓器に及ぼしうる損傷は無視してよい。

(3)感染の拡大が社会経済活動に及ぼす影響は考慮しなくてよい。

 

 前回記事「オミクロンのもとで経済を回す方法」で述べたとおり、上記の条件はすべて現実には成立しません。

 

 わけても重要なのが、(3)が成立しないこと。

 軽症であろうと、症状によっては社会経済活動に参加できる状態ではなくなりますし、そうでなくとも感染拡大のリスクを考えたら、一定期間の隔離は避けがたい。

 無症状の感染者、および濃厚接触者についても同様です。

 

 肺炎が重症になる者や、肺炎で亡くなる者が少なければそれでいいという「肺炎(防止)至上主義」とも呼ぶべき立場を取るのならともかく、社会経済活動を維持することにも気を配るとなると、オミクロンを軽視することはできない。

 ついでにこれを医療現場にあてはめると、どうなるか。

 

 そうです。

 今や連日、ニュースで報じられるにいたった事態が引き起こされるのです。

 

次のページ逼迫の経路は二つある

KEYWORDS:

【お知らせ】

 きたる2022212日(土)、「経世済民に貢献するコロナ観とは何か」をテーマとしたオンライン読書会を開催します。

 題材として取り上げるのは、1978年に刊行され、アメリカ人の病気観を変えたスーザン・ソンタグの名著『隠喩としての病い』。

 お申し込みは下記URLからどうぞ!

 期間限定の割引価格でご参加いただけます。

 ↓ ↓ ↓ 

 「佐藤健志のオンライン読書会 READ INTO GOLD 黄金の読書体験」

 第3回 隠喩としての病い

   https://pages.keieikagakupub.com/satobc-v3_54-tw/

 ※特別動画「隠喩の持つ力とリスク 〜コロナから信用貨幣まで〜」もご覧になれます。

 

※上のカバー画像をクリックするとAmazonサイトにジャンプします

オススメ記事

佐藤 健志

さとう けんじ

佐藤健志(さとう・けんじ)
 1966年、東京生まれ。評論家・作家。東京大学教養学部卒業。
 1989年、戯曲『ブロークン・ジャパニーズ』で、文化庁舞台芸術創作奨励特別賞を当時の最年少で受賞。1990年、最初の単行本となる小説『チングー・韓国の友人』(新潮社)を刊行した。
 1992年の『ゴジラとヤマトとぼくらの民主主義』(文藝春秋)より、作劇術の観点から時代や社会を分析する独自の評論活動を展開。これは21世紀に入り、政治、経済、歴史、思想、文化などの多角的な切り口を融合した、戦後日本、さらには近代日本の本質をめぐる体系的探求へと成熟する。
 主著に『平和主義は貧困への道』(KKベストセラーズ)、『右の売国、左の亡国 2020s ファイナルカット』(経営科学出版)、『僕たちは戦後史を知らない』(祥伝社)、『バラバラ殺人の文明論』(PHP研究所)、『夢見られた近代』(NTT出版)、『本格保守宣言』(新潮新書)など。共著に『対論「炎上」日本のメカニズム』(文春新書)、『国家のツジツマ』( VNC)、訳書に『[新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき』( PHP研究所)、『コモン・センス 完全版』(同)がある。『[新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき』は2020年12月、文庫版としてリニューアルされた(PHP文庫。解説=中野剛志氏)。
 2019年いらい、経営科学出版よりオンライン講座を配信。『痛快! 戦後ニッポンの正体』全3巻に続き、現在は『佐藤健志のニッポン崩壊の研究』全3巻が制作されている。

 

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

感染の令和: またはあらかじめ失われた日本へ
感染の令和: またはあらかじめ失われた日本へ
  • 佐藤健志
  • 2021.12.22
平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路
平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路
  • 佐藤 健志
  • 2018.09.15
思想の免疫力: 賢者はいかにして危機を乗り越えたか
思想の免疫力: 賢者はいかにして危機を乗り越えたか
  • 中野剛志
  • 2021.08.12