【ヘラヘラした笑顔の男の共通点とは…!?<br />~人気女性ライターが感知した“あかん男”たち~】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ヘラヘラした笑顔の男の共通点とは…!?
~人気女性ライターが感知した“あかん男”たち~

クズではないけど、第六感の危険信号を刺激してくる男たち

“結婚をしてもしなくても、どちらでも心健やかに生きていけるコツ”を綴った『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』の著者・小林久乃さん。今回は特別に著書の中で、好評を得ている『あかん男』というコラムを抜粋して『BEST TIMES』で数回に渡って紹介していく。さて、その『あかん男』とは? 独特の人間観察視点を持つ小林さんが、ライターという職業柄や数多くの婚活体験を通して出会ってきた「……なんかこの人、おかしくない?」という癖、習性を持った男性たちのこと。さらに同じケースの『あかん男』を何人か集計、性格の動向を見出した分析結果のことを書籍に掲載したところ、大人気。ぜひこの機会に読んで身を振り返って欲しい。ひょっとして、あなたの周りにも『あかん男』が潜んでいるかもしれない……?

『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』より引用)

 例えば借金がある、DV癖がある、浮気をする、実は前科があるなどの訳あり物件の男性を『クズ男』と総称するとしよう。でも中には表面的に分かりづらいけれど、そのクズに到達していないけれど、人間としての危険性をはらんでいる男がいる。その本性がほんのちょっとした言動や風貌で「(……この男、なんかおかしくないか?)」と、第六感を刺激してくる男を何人か見てきた。

 そういった男を総称して個人的に『あかん男』と呼んでいる。中でも、その言動が分かりやすかった数名のエピソードをランダムに紹介していきたい。

 未然に男性災害を防ぐための、防御策をどうぞ。

 

“あかん男”たち⑤

【笑顔の押し売り男】

▼秒で世間から逃げる▼

ソフトで好印象なのに、ヘラヘラ感があるにやけ顔の裏には秘めた危険信号が…。

 昔から『笑う門には福来たる』と言われる。確かに笑顔は好印象度が2倍増しくらいになるし、口角もキュッと上がるので、若く見られる利点もある。でも終始、笑顔が止まらないのは逆に不可思議な印象を残す。それだけではなく、他人には相談できない秘密を抱えていそうな気がしてならない。

 笑顔の押し売りに不信感を抱いたのは、ほとんど接客業の人ばかりだ。愛想の良さを求められることの多い職業だからこそ、おかしな態度をしていると目立つのかもしれない。まずは石原軍団のような風貌をした、焼き鳥店の男性店員。要はそこそこの色男なのだけど、

 「久乃ちゃん、今日もいらっしゃいませ!」

 そう言う時の、何か企んだような笑顔が引っかかっていた。でも、いつも私に対しては信じられないくらいの好待遇だったので、特に文句はない。むしろ感謝をしなければと思うほど、優しかった。でも

 「ボク、久乃ちゃんのためなら何でも作っちゃいますよ!」

 もうやめてくれというほどの、したり笑顔で、リップサービスは止まらなかった。きっと他の客にもしていること。でも何故、胡散臭さが漂ってくるのか。

 

 それから数年が経過して、店にも街にも彼が慣れ親しんでいた頃。客の間で

 「あの店、最近値段が高くないか?」

 そんな噂が立つようになった。会計時は合計金額を見せられるだけだし、酔っているので財布の紐も緩くなっている自覚はある。でも言われてみれば、やけに高い。

 その真実は店員の男性が握っていた。常連客の会計から数千円~数万円を割り増しで請求して、そのプラスアルファをすべて自分の懐に入れていたことが発覚。毎月多ければ数十万円近くが、税金のかからない彼の収入源になっていたのだ。社長には正規の売り上げ金額のみが報告されるので、不備はない。したり笑顔の行方はここにあったのか。

 

 そのことが明るみになった後、彼は店を去った。そして街からも出ていくと思いきや、ほんの3駅先で焼き鳥屋を開店したと聞いて、その神経の図太さに驚かされた。

 むしろこういう男は、狂気さえも秘めているのかもしれない。きっと開業資金はくすねた金。そして私が彼から嗅ぎつけていた胡散臭さは、悪臭だったに違いない。

次のページマッサージを受けるために通っていた店の男性整体師さんのこと

KEYWORDS:

小林久乃さん初の著書

好評発売中

『結婚してもしなくても うるわしきかな人生』

小林久乃・著

未婚・既婚にこだわる時代はもう終わり!

現代を生きる私たちが、

清く?正しく?色っぽく?

生きていくために必要なこと。

現代女性に捧げる!(新)読本!

義務教育に就職と集団活動を強いられてきた私たちの前に立ちはだかった人生の最終関門が“結婚”。出会って、付き合って、結婚して、と順番を考えていくと少なくとも3年近くはかかるビッグプランだ。「そんな難題をクリアできるのだろうか」と不安を抱えながら、婚活に乗り出したが…。

オススメ記事

小林 久乃

こばやしひさの

ライター/編集者/クリエイティブディレクター/撮影コーディネーター

地元タウン誌から始まり、女性誌、情報誌の編集部員を経てフリーランスへ。エンタメやカルチャー分野に強く、ウエブや雑誌媒体にて連載記事も持つ。企画、編集、執筆を手がけた単行本は100冊を超え、中には10万部を超えるベストセラーも。静岡県浜松市出身、正々堂々の独身。著書『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』(KKベストセラーズ)が好評発売中  

この著者の記事一覧