ほうれい線やスタイルの崩れなど、年齢のせいと思われがちな悩みは、実は「ゆがみ・たるみ・むくみ」が原因。これらを筋肉や骨格に働きかけて解消する「村木式整筋メソッド」は、国内外の女優やモデルからも厚い信頼を得ています。
今でこそ、整筋メソッドの考えを日常の「習慣」に組み込んで、効率的に美と健康をキープしている村木氏ですが、かつては過食嘔吐に陥った過去も。変化のきっかけと食への意識を著書おとなの美人習慣よりお届けします。

 中学生の頃から容姿にコンプレックスがあった私は、「とにかく痩せればきれいになれるかもしれない」と思い込み、無理なダイエットを繰り返していた時期がありました。

 栄養バランスを考えずにカロリーだけを抑えたり、「○○だけ食べるダイエット」を試したり。はては、ストレスを感じるたびに過食に走っては吐くという、危険なことまでするようになってしまっていました。

 そんな私が変わったきっかけは、20代半ばで妊娠したことです。それまでの私は、毎日がダイエットだったので、食事をすることに罪悪感さえ持っていました。 ところが、妊娠中の体のためにきちんと食事をとり始めたところ、体調がよくなり、むくみもなくなり、逆に太らなくなったのです。
 このとき以来、私の食事に対する意識は変わりました。

 その後、大手エステや美容クリニックで働きながら、栄養とアンチエイジングに関する知識を学んでいった私は、体の細胞ひとつひとつが食べたものでつくられていることを知りました。
 食べたものによって、その人の5年後、10年後が変わってくることがよくわかったのです。

 

 特におとな世代にとって、食事で丈夫な体をつくっていく心がけは、本当に大切なことです。体内に発生する活性酸素が、細胞を傷つけて老化の原因をつくることは広く知られていますが、20代くらいまでは、この活性酸素を抑えてくれるSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)という酵素が豊富にあります。

 ところが、30代も半ばを過ぎると、SOD酵素の生成量は減ってきてしまうため、細胞の酸化が進みやすくなり、結果としていろいろな病気も出やすくなってきます。
 そうしたときに備えるためにも、普段の食事が大切なのです。バランスのとれた食事でできている体と、お菓子や偏った食事でできている体とでは、免疫力も、血管のしなやかさも、骨密度も違ってくるからです。

 また、美容医療の現場に立っていても感じるのですが、普段から食事を意識しているお客様と、そうでないお客様とでは、効果の出方に差があります。
 食事を意識していないお客様の場合、せっかく高額なレーザーを当てても、それを受け止められるだけの土台ができていないのです。

 

 無理がきく若い頃は食事の大切さを実感しにくくとも、歳を重ねるにつれ、食事による変化や効果はよくわかるようになってきます。特に女性の場合、差が出やすいのは肌や髪、爪です。ハリとツヤのある肌と髪、割れたり欠けたりすることのないみずみずしい爪をイメージしながら、大切に食事をとりましょう。

次のページ 女性がとりたい栄養素はタンパク質と、もう一つはやはりアレ