ここ数年、ヒット曲不足でパッとしない歌謡界。そんななか、話題を集めたのが氷川きよしの「変化」だ。ヴィジュアル系ロック風に歌ったアニメソング「限界突破×サバイバー」が注目されたのを皮切りに、フェミニンな魅力をアピールし始めた。

 この状況を、メディアも世間も面白がりつつ、もてはやしている。「女子SPA!」が「氷川きよしに学ぶ『お姉さまメイク』 眉、目…アラフォーのお手本です」という特集を組んだり、自身のインスタグラムに投稿された自撮り画像が「かわいすぎです!」「こじるりに似てる」と絶賛されたり、という具合だ。

 ただ、氷川は過去に、松村雄基との熱愛をフライデーされたり、元マネージャーに「ホモセクハラ」を告発されたりもしている。ここへきてのオープンなフェミ化には戸惑う人もいて、たとえば、和田アキ子がそうだ。

 12月1日「アッコにおまかせ!」でのこと。氷川がイベントで発した「新生・氷川きよしです。本来の自分に戻りました」という言葉について、こんな感想を口にした。

「このへんがね『本来の自分』って、本人がもっとはっきり言ってくれたら私も言いやすいんだけど…」

 そんな和田への回答というわけでもないだろうが、その直後、氷川は「週刊新潮」で事実上のカミングアウトを行なった。

 子供の頃「オカマ」呼ばわりされた話に始まって「自分で言うのもなんだけど、アタシ足がキレイなの。キレイすぎて困っちゃうわ(笑)」と自慢。デビューから20年たったことで「自分の性分」を出したい心境になったとして、
「男らしく生きて欲しいって言われると、自殺したくなっちゃうから、つらくて……」

 とまで漏らした。そして、美輪明宏への共感を示しつつ「もう世間にどう言われようが、足蹴にされようが(略)さまざまな色を出しながら、表現していきたいなって思うんです」と、決意表明したのだ。

 ちなみに、この11ヶ月前「スポーツ報知」のインタビューでは生まれて初めて憧れた歌手への想いも語っていた。

「4歳の時に旅行で行った壱岐対馬のバスの中で、松田聖子さんの『赤いスイートピー』をアカペラで歌ったんです。その時、歌って心に刺さるエネルギーがあるなとキュン!ときた。小1で福岡で聖子さんのライブを見て、子供ながらに刺激を受けて歌手に憧れました」

 聖子といえば、はるな愛や米良美一など、そういう系統(?)の人たちにも大人気のスター。氷川もまた、同様だったわけだ。

 そのインタビューでは、1歳下の浜崎あゆみへのライバル意識も明かしていた。

「01年からレコ大3連覇して、CDも何百万枚売れるスター。僕が演歌で一番売れてても雲泥の差だった。顔も小さくてキレイで、 カリスマ性を研究してた。マネジャーから『次元が違う』と言われたけど、何十年かかっても何かやってやると思った。同じ福岡人に負けたくなかったんです」

 勝ちたかった相手が演歌の男性歌手ではなく、メイクやファッションでも魅せた「歌姫」だったことが象徴的だ。

 しかし、九州男児は硬派な傾向が強いとされる。11月20日放送の「徹子の部屋」では、最近のフェミ化について、同じく九州男児の父親から「好かん。男は男らしくしろ」と言われ「知らん!」と言い返したというエピソードを笑いながら話した。

 また、この番組では裕福でなかった生い立ちを振り返り、おかげで「ハングリーになれた」とも。保育園の運動会でかけっこの成績が2位だったことの悔しさから「一番」にこだわるようになったことも明かした。

 どうやら氷川のなかでは、フェミニンな志向と九州男児らしい負けん気がせめぎあっているようにも思われるのだ。

 その負けん気ゆえ、演歌でのトップだけでは満足できず、その後、全体チャートでも1位を複数回達成。06年には「一剣」でレコ大も獲った。Jポップ全盛のこの四半世紀で、演歌のレコ大はこの一度きりだ。

次のページ 新境地に挑み始めた背景