人生、金か死か。不動産営業マン宛にメールが届く。「ちっ、他決だ…」。もう鬱になりそう…。つらいことだらけの不動産業界において、まさに「つらい不動産営業マン」にならないためにはどうしたらよいかを、全宅ツイの勇者に、その対処法を紹介していただいた。タメになる答えが乱れ飛ぶwww。これでもう“つらい不動産営業マン”ともお別れ! ん、できるのか?(『不動産営業マンはつらいよ』(全宅ツイ 著)より)
 

上司に詰められ、時には部下にも舐められ、事務のオバちゃんにも見下され…と、つらいことだらけの不動産営業マン。そんな「つらい不動産営業マン」にならないためにはどうしたらよいかを、全宅ツイの勇者たちに、その対処法をご紹介いただいた。

■回答者 あくのふどうさん

Q1 数字が足りない月末はどうやって乗り越えるといいですか?

A1 机でうつむいて亀になってください。

Q2 上司が納得するサボりの言い訳はないですか?

A2 何を言っても納得してくれないので、ブッちぎって野外のフェスに行くと、もうもどれないので、そこから「今日休みます」と電話してみてください。何を言われても「もう山の中だし」、「夏だから」と回答しましょう。多分馘首になった原因はこれだと思います。

Q3 数字はでるけど、取引に罪悪感を感じたくない時はどうするといいですか?

A3 これはいける!と思ったので3社アンコに4社目を引き込んで、おじいちゃん元付の手数料割合を減らして下さい。税制的に恵まれない世代への所得移転だと思うと心が痛みません。

Q4 家族や恋人から私(たち)との時間をとってと言われたらどうしてますか?

A4 夕方に友人業者に内見に来てもらってそのままNRにすれば大丈夫です。これも馘首になった原因だと思います。