生命が誕生して四〇億年。積み上げてきた人類史は、長いスパンで見れば進化を遂げてきたが、近年生まれた政治という概念から見て、現状を打開する理想はどこにあるのだろうか?保守主義者・作家 適菜収さんと共産主義者・衆議院議員 清水忠史さんに語り合ってもらった。(『日本共産党 政権奪取の条件』適菜収、清水忠史/KKベストセラーズ より)

■歴史を見るスパン

 

適菜  今日はここに来る前に、池袋サンシャインの水族館とプラネタリウムに行ったんです。

清水  癒されに行ったんですか?

適菜  というより、政治に関しても少し長い目で見たほうがいいと思いまして。地球が誕生して四六億年ですよね。

清水  ははは。そこまでいきますか。

適菜  そして生命が誕生して四〇億年です。その頃の生命が分派してきたわけで、植物も人間も遺伝子で見ると、遠い親戚です。それで、橋下を分析するときも四〇億年の歴史を参照したほうがいいのかと。橋下が尊敬する昆虫はゴキブリですが、たしかにゴキブリはしぶとく生き延びてきたわけです。人間より圧倒的な能力を持つ生物は多い。鳥は空を飛べるし、魚だって狭い水で泳いでいても壁にも他の魚にもぶつからない。カタクチイワシは密集して泳いでいるのに、決してお互いぶつからない。ほとんど数センチしか離れていないのに。その運動能力はすごいと思って水槽の前で見ていたら、よそ見しながら歩いてきた中国人のオバハンが、すごい勢いでぶつかってきた。カタクチイワシ以下かよと。

清水  生命や宇宙など、適菜さんが長いスパンでモノを考えようと思ったきっかけはなんだったんですか?

適菜  私は以前から二〇年、二〇〇年、二〇〇〇年という話をよくしていました。平成というとでは二〇年ではなくて三〇年になりますが、平成に入ってから構造改革の嵐が吹き荒れ、自民党も変質してしまい、日本が急速におかしくなったという現状があります。それを近代の暴走という側面で考えると、二〇〇年前の近代啓蒙思想の問題がある。その土壌を考えると、突き詰めれば二〇〇〇年前のキリスト教の誕生ということになる。それで、評論家の呉智英さんと対談したら、彼は二〇〇〇年では足りないんじゃないか。アウストラロピテクスまで遡るべきだと。

清水  二〇〇万年前ですよね。

適菜  それに対抗するというわけではないですけど、二〇〇万年では足りなくて、どうせなら四〇億年は振り返るべきだと思うようになった。人類だけではなくて魚類も大事だと。マルクスの原始共産制どころの話ではないですよ。

清水  共産党の世界観は、適菜さんほど長くはないですが、一〇〇年単位で見るんです。たとえば、二〇世紀と二一世紀を比べる。二〇世紀には、大きな大国が植民地をたくさん持っていた。戦争も正当な手続きを踏めば合法だった。ところが二つの大戦を経て、小さな国は独立を勝ち取っていく。二一世紀になると小さな国が大国のプレッシャーに動ぜず、団結する風潮が生まれてきた。クラスター爆弾や対人地雷、化学兵器には早くから禁止条約がありまして、日本も批准していますが、核兵器という最大の残虐兵器は、禁止条約の俎上にも載らなかった。

適菜  核保有国が圧力をかけますからね。

清水  ところが、コスタリカやオーストリアといった小さな国々が条約の批准のために努力をして、採択をさせた。だから、今だけを見ると、世の中なんて変わらないと刹那的になりますが、五〇年、一〇〇年という単位で見ると、情勢は変わります。ある人に「日本共産党の支持率四パーセントってすごいな」と言われたんです。「たったの四パーセントですよ」と答えたら、「俺が応援してた頃は〇・五パーセントだった」と。

適菜  そう考えるとすごい。支持率が八倍になっている。

清水  日本共産党も国会議員がゼロになったときもあったし、社会党と公明党が共産党を除く「社公合意」を結んだり、ソ連の崩壊で「共産主義は終わった。資本主義の勝利だ」とバッシングも続いたりして、そして中国天安門事件でしょう。その後、なんとか盛り返しましたが、自民か非自民かという二大政党づくりの波にのまれたり。だから試練もありましたが、それでも、どっこい、残っている。

適菜  私は共産主義は一九世紀で役割を終えたと思っていたのですが、それは二〇〇年程度のスパンで歴史を見ているからそう思うだけで、一万年後くらいには人類は共産化しているかもしれませんね。滅亡している可能性のほうが高いけど。