「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いって知ってる?

そんなクイズとも雑学ともつかない問題を出して、ドヤ顔していたのは遠い昔の話。今では両者とも日常的ドリンクに成長しただけでなく、最近はコーヒーじゃなく「ミルク」のほうを主役にしたカフェオレ/ラテ専門店まで登場!自宅で楽しめる、ミルク多め、ミルクにこだわりのある人気商品とあわせてご紹介です。

※「カフェオレ」と「カフェラテ」の違い、答えは記事文末に。

 

◆LATTE BEANS & ROASTERS 自由が丘本店

「MY LATTE」は自分だけのラテをオーダー。5種類のミルク(スタンダード・ジャージー・オーガニック・オーガニックアーモンド・オーガニックソイ)から自分好みのミルクを選べます。

 

◆「Cafe au lait Tokyo」(高田馬場)

日本初!カフェオレ専門店。ミルクや砂糖の量などを自分好みにカスタマイズしたカフェオレが飲めるカフェオレ専門店。ミルクたっぷりのカフェオレに合うよう、特別にブレンドして焙煎した焼きたて挽きたてのコーヒー豆と濃厚なミルクをあわせた「カフェオレ好きの為のカフェオレ」が楽しめます。通常の場合でもミルクの割合が多いのが特徴です。

 

◆「COFFEE MILK」(川崎) 

 日本初、「ミルク」が主役のコーヒーショップ。ミルクとの相性のいい豆を選定しオリジナルでブレンド。ミルクは、濃厚な味わいが楽しめる牛乳をはじめ、美肌やダイエットなど栄養価が高く美容効果が期待出来る、アーモンドミルクやピスタチオミルクなど植物性ミルクのラインナップが充実しています。

 

◆「ミルクショップ酪」JR秋葉原駅のホーム

専門店とは異なりますが、老舗の店舗。約50種類の牛乳やフルーツ飲料、菓子パンやおにぎりなどを販売開業してから69年が経過しているけれど、現在でも多い日は1日に3000本以上の牛乳やコーヒー牛乳を販売しています。今も昔も白い牛乳よりコーヒー牛乳のほうが出数は多いそうです。

 
 
 

 

 

 

 

 

次のページ 「ミルク」が主役の人気商品は…