■推定値115万人以上「ひきこもりの壁」

 僕は今までに2000人以上の「生きづらさ」を抱えた来談者と向き合ってその苦しみからいかに抜け出すかについて方法を提示してきました。特に昨今の来談者は、30代後半から40代後半の中高年の社会的ひきこもりの人たちが多いと実感しています。では、なぜ中高年にひきこもりが増えたのでしょうか。

 それは、「ひきこもりの壁」が世の中にあったからです。

発達障害カウンセラー・吉濱ツトムさん

 内閣府のデータをおさらいしてみます。下の図を参照ください。

長期高齢化するひきこもり

 

 2016年9月に発表された内閣府の調査では、学校や仕事に行かず、半年以上自宅に閉じこもっている15〜39歳(若年層)のひきこもりの人は、全国の推計値で54万1000人と公表されました。そのうち約35%が7年以上のひきこもりです。

 また、ひきこもりになった年齢が20〜24歳が34・7%に上ります。

 さらに本年3月内閣府が公表した40〜64歳(中高年層)までの調査(内閣府政策統括官「生活状況に関する調査報告書」)では、61万3000人(40〜64歳人口:4235万人の1・45%)がひきこもりとの推計値が発表されました。

 単純に若年層のひきこもり推計値と合算して115万人超。ここで注目したいのは、中高年層の数の方が7万人強多いということです。ひきこもりの「長期高齢化」が進んでいることがわかると思います。

 前回調査の16年に39 歳だった方に視点を合わせて、彼らが大学新卒時の22歳の時を振り返ると、大学を卒業する就活時期と就職してから1〜2年でひきこもりになったと考えられます。