「東京五輪開催がコロナ感染拡大につながらないか」天皇陛下のご発言は「聖断」ではないのか【適菜収】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「東京五輪開催がコロナ感染拡大につながらないか」天皇陛下のご発言は「聖断」ではないのか【適菜収】


6月24日、宮内庁長官の西村泰彦は定例会見で、天皇陛下が新型コロナウイルス感染状況を心配されているとした上で、「国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁を務めるオリンピック、パラリンピックの開催が感染拡大につながらないか懸念されていると拝察している」と発言。国民の間でさまざまな不安や疑念が渦巻くなか、菅義偉政権は東京五輪開催に突き進んでいる。東京都内の感染拡大もリバウンド傾向にあるなかで、尾身茂会長率いる分科会をスケープゴートにした橋本聖子組織委員会会長の無責任発言など目に余るものがある。『国賊論〜安倍晋三と仲間たち』を著した作家の適菜収氏が、地獄への道を突き進む日本の姿を憂う天皇陛下の「聖断」について語る。


 

今上天皇  徳仁

 

 宮内庁長官の西村泰彦は定例会見で、天皇陛下が新型コロナウイルス感染状況を心配されているとした上で、「国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁を務めるオリンピック、パラリンピックの開催が感染拡大につながらないか懸念されていると拝察している」と発言。

 多くの国民は、はっきりと口に出さなくても、これを待ち望んでいたのではないか。 

 ある意味、陛下は「軍部の暴走」を牽制されたわけだ。

 国民の8割が開催に反対し、世界中からも危険を指摘する声が上がっている。強行すれば新型コロナウイルスの感染は拡大するし、人流により変異株の東京五輪株が発生する可能性もある。

 ニュージーランド保健省の新型コロナウイルス対策本部の顧問を務めるオタゴ大学のマイケル・ベーカー教授は、東京五輪開催は「ばかげている」「今五輪を開催することは命を失うことにつながる」と批判。

 京都大学や国立感染症研究所は、東京五輪で観客を入れた場合、インド株による影響がある状況だと、無観客での開催と比べて増加する感染者数が累計1万人に達する可能性もあるとの試算結果を明らかにした。

 新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は、国会で「今の状況でやるというのは普通はない」と批判したが、政府の暴走は止まらない。

「諦めたらおしまい」と開催反対の声をあげてきた人たちも、莫大な利権が転がり込んでくる国際オリンピック委員会(IOC)と、そのおこぼれにあずかる連中、パソナをはじめとする五輪スポンサー企業に良心を求めても無駄かもしれないという無力感に苛まされてきた。

 これは先の戦争とまったく同じではないか。

 

次のページ安倍-菅政権は、一貫して国を破壊し、世に害を与えてきた

KEYWORDS:

※カバー画像をクリックするとAmazonサイトにジャンプします

オススメ記事

適菜 収

てきな おさむ

1975年山梨県生まれ。作家。ニーチェの代表作『アンチクリスト』を現代語にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』、『小林秀雄の警告 近代はなぜ暴走したのか?」(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(講談社)、中野剛志・中野信子との共著『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』(文春新書)、『遅読術』、『安倍でもわかる政治思想入門』、清水忠史との共著『日本共産党政権奪取の条件』(KKベストセラーズ)など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。https://foomii.com/00171


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

国賊論
国賊論
  • 収, 適菜
  • 2020.04.21
日本人は豚になる: 三島由紀夫の予言
日本人は豚になる: 三島由紀夫の予言
  • 適菜 収
  • 2020.11.05
コロナと無責任な人たち (祥伝社新書)
コロナと無責任な人たち (祥伝社新書)
  • 適菜 収
  • 2021.05.01