1926年生まれ、2004年没。日本マクドナルド創業者・藤田田を、2019年のいま「実感を持って」知る者は多くない。代表作『ユダヤの商法』の記述などから、その強烈なキャラクターが伺えるが、その素顔は。いったいどんな“人間”だったのか。外食ジャーナリストの中村芳平氏が、ゆかりの人を訪ね、聞く。インタビュー第一回に登場するのは、絵本作家・いわさきちひろの夫であり、旧制中学、大学で藤田田と机を並べた元共産党議員松本善明氏。

■学生時代はほとんど付き合いがなかったが、共産党立候補を機に接近

 松本善明と藤田田は、旧制北野中学校時代、東大法学部時代を含めて、ほとんど付き合いはなかった。それが急速に親しくなるのは、松本が61年(昭和36年)に日本共産党衆議院議員選挙予定候補者として次の選挙に東京4区(中選挙区、渋谷区、中野区、杉並区)から立候補することが決まってからだ。著書より引用する。

 ~その一方で、私は自らの人脈を活かして、立候補の挨拶を精力的に行いました。とりわけ北野中学の友人には力を入れて訴えかけました。(中略)
 戦後一五年が経過し、北野中学の同級生は各分野で活躍していました。新進経営者として大成功していたのは藤田田氏(後に日本マクドナルド社長)でした。大学も同じだった彼に面会を求めて、立候補の挨拶をしてカンパをお願いすると快く五〇万円という大金を出してくれたのには驚きました。後日、「共産党が政権を取ったときの保険金」としてカンパしたのだという主旨を自著に書き記しています。(中略)
 北野中学の2年後輩である手塚治虫さんにもすぐ挨拶に行きました。手塚さんはあまりにも著名でしたが、初対面の私と意気投合して迷わず巨額のカンパを出してくれました。手塚さんは一度のカンパだけでなく、その後一貫して私と共産党を親身になって応援してくれたのです。妻ちひろの仕事を高く評価していてくれたことも無関係ではなかったかもしれません。~

  (松本善明著『軍国少年がなぜコミュニストになったのか わが戦前・戦後史〉』より)

 松本は63年11月に実施された総選挙では初立候補であり、善戦したが落選した。捲土重来を期して戦った67年1月の総選挙では初当選した。以来、11期33年間の国会議員生活を送り、2003年に引退した。

 藤田は松本が初当選した67年1月の当選祝賀会に招待され、反共側の唯一の支援者として次のようなユーモアたっぷりの挨拶をした。こちらも著書より引用する。『ユダヤの商法』〈金儲けにイデオロギーは要らない〉の項に、以下の記述がある。

~日本へ無愛想な顔をして、日本がソ連(現ロシア)の方へ傾いたらそれこそ大変だからであります。そのアメリカの甘い顔がもたらす甘い汁を、たんまりといただくのが私の商売であります。日本が駄々をこねればこねるほど、アメリカは日本を大切にしてくれます。

 つまり、日本という体の中に、共産党というバイ菌がいて、それが暴れれば暴れるほど、アメリカという医者は日本へ良薬を与えてくれるのであります。

 その駄々をこねる役割り、バイ菌の役割り、私は、日本の共産党にそれを期待しているのであります。

 松本君は当選し、みごとにバイ菌の一つとして培養されました。私の投資は成功したのであります。~
               (藤田田著『ユダヤの商法』 1972年5月初版より)

 松本と藤田は総選挙をきっかけに親しく交流するようになった。

次のページ やがて家族ぐるみの付き合いに