【就活生はこんな会社に憧れる。社長が新入社員からアイデアを募集してしまうなんて!】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

就活生はこんな会社に憧れる。社長が新入社員からアイデアを募集してしまうなんて!

人間ひとりの経験なんかたかが知れている

街なかにリクルートスーツを着た若者が増えてきた。今年も就活シーズンが到来。就活生はいま、将来自分が働くことになる場所を慎重に見定めている。そこに「若い人のほうが案外正しいのかもしれない」と言う社長があらわれると、きっと目がキラキラ輝くはずだ。日本マクドナルドを創業した藤田田はそんな若い力を大事にした経営者だった。『クレイジーな戦略論』より。

■人間ひとりの経験なんかたかが知れている

 自分の歩んできた道が正しいという観念から抜けられないと、若い人を見ると間違っていると思ってしまう。しかし、若い人のほうが案外正しいのかもしれないのだ。

 

 私は、今日、入ってきた若い社員の考え方を採用してやるべきだと考えている。若い社員の考え方が、あすの世界の考え方になるのではないかと思っている。

 そのために年間を通じて社員から、グッドアイデアを募集している。

 すると毎月、150ないし250件のアイデアが全国の社員から寄せられてくる。1984年度は1660件のアイデアがだされ、その中から140件がグッドアイデアに選ばれた。

 

 その中から最優秀賞に3名、優秀賞に4名を選んで表彰した。

 社員がだしてくるアイデアは、ほんのちょっとしたことだが、会社にとって非常にプラスになることが多い。

 現場の人間でなければわからない、ロスをはぶくアイデアであったり、時間短縮のアイデアであったり、売り上げの伸びにつながるアイデアであったりして、感心させられるものが多い。

 たとえば、トッピングといって、アイスクリームにチョコレートをかけるのに、スプーンを使う。

 ところがチョコレートの容器にトッピングのスプーンを入れておくと、容器の中にスプーンが滑り落ちてしまう。だから、スプーンの柄の真ん中のあたりに引っかけるものをつくって容器のふちに引っかければいいといったものなどもその一つである。

 看板一つにしても、看板の横に懸垂幕をぶらさげれば、どこからでも見えるというアイデアがだされたりする。今まで気がつかずに見落としていたものである。そういったものは、さっそく取り入れて活用している。

 こうした社員のアイデアは、単に会社のプラスになるだけでなく、社員に会社の経営に参画しているという自覚を抱かせる。

 そうすると、給料分だけ働けばいいというのではなく、積極的に働こうという意欲を起こさせることになり、それがお客へのサービスの向上などにつながり、会社にとって大きなメリットになるのである。

『クレイジーな戦略論』より構成)

KEYWORDS:

今こそ読むべき、お金儲けの古典!

藤田田の好評既刊

◎経営者・リーダー向け『勝てば官軍』

◎入門編『Den Fujitaの商法①~④』

①頭の悪い奴は損をする

②天下取りの商法

③金持ちラッパの吹き方

④超常識のマネー戦略

〈ベストセラーズからのおしらせ〉

また、アマゾンの中古市場で1万円以上の値をつける、藤田氏の

傑作『ユダヤの商法』も3月に復刊予定!お楽しみに。

オススメ記事

藤田 田

ふじた でん

「日本マクドナルド」創業

1926年大阪生まれ。旧制北野中学、松江高校を経て、1951年東大法学部を卒業。在学中GHQの通訳を務めたことがきっかけで「藤田商店」を設立、学生起業家として輸入業を手がける。1971年、米国マクドナルド社と50:50の出資比率で「日本マクドナルド(株)」を設立。同年7月、銀座三越1階に第1号店をオープン。そこからハンバーガー旋風を巻き起こし日本人の食生活を変えていく。「価格破壊」など革新的な手法を次々と展開した。のちに「日本トイザらス」も設立。2004年没。孫正義氏、柳井正氏ら、日本を代表する企業を率いる経営者たちに影響を与えたとされる。『ユダヤの商法』『勝てば官軍』『Den Fujitaの商法』など数々のベストセラーを残した。長く品切れが続いていたが2019年4月に完全復刊する。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

ユダヤの商法(新装版)
ユダヤの商法(新装版)
  • 藤田 田
  • 2019.04.13
勝てば官軍(新装版)
勝てば官軍(新装版)
  • 藤田 田
  • 2019.04.13
今すぐ行動しビジネスの勝率を劇的に上げるクレイジーな戦略論(Den Fujitaの商法4の新装版)
今すぐ行動しビジネスの勝率を劇的に上げるクレイジーな戦略論(Den Fujitaの商法4の新装版)
  • 藤田 田
  • 2019.04.13