■キーワードは〝整理〞

 このような場合、上司の勘違いをわかりつつ黙っていたり、きちんと文章化して説明しないこちら側にも非があるということを覚えておきましょう。

 上司が烈火のごとく怒るところにまで至ったということは、こちらが上司を勘違いさせてしまった、つまり報告ミスがあった可能性も否めません。

 もし、双方で状況の確認がきちんとできており、その上で上司がこのように怒るということであれば、それは上司の人格と能力に問題があるといえるでしょう。

 その場合は、「なるほど、この人はきちんと文字で確認しているにもかかわらず正確な認識ができない、読解力不足なんだ」と捉えるようにしてください(笑)。

 ポイントは〝火に油を注がない〞ということです。何かちょっと口を挟んだだけで、怒りが増幅するタイプの方がいらっしゃいますね。

 ですから、「はい」と相槌を打ちながら、ひとしきり嵐が過ぎ去るのを待ちましょう。

 待った上で、「お怒りの件について、少し〝整理〞させてください」と入るのです。感情のコントロールにおいて、もっとも大切なのは〝整理〞です。

次のページ 安住紳一郎氏は一流!