■国連演説とグローバリズム

 総理がプーチンに完敗するきっかけとなったのは、9月12日、ウラジオストックで開かれていた「東方経済フォーラム」で行ったスピーチでした。
 問題のスピーチで、総理は北方領土問題についてほとんど触れないまま、日本とロシアの協力が、輝かしい未来を拓くという旨を謳いあげたのです。これにたいしてプーチンが、ならば年末までに前提条件なしで平和条約を締結しようではないかと切り返し、みごとに一本取ったのはご存じのとおり。

 ところが、それから二週間もたたない9月25日、総理はまたもやグローバリズム丸出しの演説をやってしまいます。
 今回はニューヨーク、国連総会での一般討論演説で。
 いわく。
 https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2018/0925enzetsu.html

 思いますに、日本国民は、自国の指導者に対し、自由貿易の旗手として立つことを切望しておりました。なぜなら日本自身、戦後、自由で開放された経済体制の申し子として、貿易の利益に浴し、目覚ましく成長した国だったからです。

 私は、時に国内の激しい議論を乗り越えて、自由貿易の旗を振りました。TPP(環太平洋パートナーシップ)11が成り、日本が国会でいち早くこれを承認できたことは、私にとって無上の喜びです。また世界史に特筆される規模と範囲の、日EU・EPA(経済連携協定)も成立させました。

 とはいえ、満足してなどいられません。私は自らにドライブをかけ、更に遠方を目指します。
 WTO(世界貿易機関)へのコミットメントはもちろん、東アジアに巨大な自由貿易圏を生むRCEP(東アジア地域包括的経済連携)の交渉に、私は全力を注ぎます。
 そして何よりも、米国との新貿易協議、いわゆるFFRを重んじます。

(※)「FFR」とは、「自由(FREE)」「公正(FAIR)」「相互的(RECIPROCAL)」の頭文字を並べたもの。貿易に関する日米協議の通称。

 
次のページ 総理演説に見る認識の誤り