【「羞恥心」時代のつるの剛士。島田紳助さんに大反対されたけど…】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「羞恥心」時代のつるの剛士。島田紳助さんに大反対されたけど…

カバーアルバム『つるのうた』がヒット 〈価値観を揺さぶる1WEEK〉第3回

新刊『バカだけど日本のこと考えてみました』を上梓したつるの剛士氏。かつてバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンⅡ』の企画で誕生した男性3人組ユニット「羞恥心」のリーダーとして大活躍したつるの氏に当時のことを振り返ってもらった。

■「羞恥心」は最高の自己紹介

――「羞恥心」ブームが起こった当時、どんなことを考えていましたか?

 

つるの: とにかく怖かったですね。ブームって、すごく怖い。だって、考えてみてください、三十路を過ぎた子持ちのオッサンがいきなりアイドルになって、女の子にキャーキャー言われるんですよ。それだけでも十分に怖い(笑)。

 また、自分の知らないところで勝手なイメージをいろいろつけられるのもすごく怖かった記憶があります。ちょっとでも油断すると、すぐに他人からメッキづけされちゃって。だから、あの時ほど「等身大の自分でいなくちゃ」と強く意識したことはありません。

――「等身大の自分」を守るためにどんなことをしていましたか?

 とにかく自分に余計なメッキがつけられないよう、すべてをさらけ出しました。「実は子どもがいて、子育てに奮闘しています」、「本気で音楽をやっています」、「将棋が好きで、他にも趣味がたくさんあります」と自分から必死にアピールして。せっかく名前を知ってもらったのに「おバカ」だけで終わるのはもったいない。「つるの剛士」という人間を知ってもらうのに、こんな絶好のチャンスはないと当時感じていたので。その意味では、「羞恥心」ブームは僕にとって最高の自己紹介タイムだったと思います。

KEYWORDS:

オススメ記事

つるの 剛士

つるの たけし

1975年5月26日生まれ。福岡県北九州市出身、藤沢市在住。「ウルトラマンダイナ」のアスカ隊員役を熱演した後、2007年に“羞恥心”を結成しリーダーとして活躍。一躍時の人として人気を博す一方で、2009年にカバーアルバム「つるのうた」をリリースし35万枚を売上げオリコン1位を記録。続いてセカンドカバーアルバム「つるのおと」では25万枚を売上げ、トータル60万枚のセールスを記録し、以降精力的に音楽活動を行っている。将棋、釣り、楽器、サーフィン、野菜作りなど趣味も幅広い。二男三女の父親。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

バカだけど日本のこと考えてみました (ベスト新書)
バカだけど日本のこと考えてみました (ベスト新書)
  • つるの 剛士
  • 2018.06.09