【大国は下流なり】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

大国は下流なり

定本「老子道徳経」の読み方 早島天來編より 人生を最高に生きる老子の言葉 第三十三回

第四部 我執をいかに捨てるか

六十一章 大国は下流である

大國者下流。    

★下流の勧め

 

 初夏の爽やかな緑が太陽に輝き、すべての植物が生き生きと生長する季節を迎えました。間もなく来る梅雨の長雨も、水の恵みと考えれば、感謝の気持ちが湧いて来ます。今月の『老子』は第六十一章、「大国は下流なり」です。この章は読んで字の如く、大国というものは川の下流、つまりすべての川が注ぎ込む大海のようであると説いています。大きな力のある国には、自然に人や物が流れ込んで来るからです。また大国が小国を傘下に入れたければ、大国のほうが謙虚に受け入れの姿勢を示せば、小さい国もそれを受けてさらに腰を低くして向かいますから、大国は勢力範囲を広げる事が出来て、また小国は大国の庇護を受けて国の安全を保ち、経済発展の道を行く事が出来、これこそ天地自然の陰陽調和の姿であるというのです。これは国と国の政治の問題ばかりでなく、大企業と小企業、上司と部下、先生と生徒、親子の関係などに置き換えてみると、私達の身近な生き方への答えが見えてきます。

次のページ大海になろう

KEYWORDS:

オススメ記事

早島 妙聴

はやしま みょうちょう

東京都生まれ。道家〈道〉学院学長。一般財団法人日本タオイズム協会理事長。お年寄りから子供まで、わかりやすいタオイズムを伝え、健康で幸せな人生に生かすタオイズムの神髄を伝えている。著書に『あなたを変える30の言葉』(日本道観出版局)、『人生を豊かに生きる30の言葉』『前向きに生きる!30の言葉』(道家道学院出版局)などがある。



●道家〈道〉学院

公式ホームページ

「生きるタオ」検索

「気のトレーニング」検索

「早島BookShop」検索

http://tao-academy.jp/

Myocho Hayashima

●facebook 著者ページ

https://www.facebook.com/myocho.hayashima


この著者の記事一覧